トップ > セミナー情報 > 詳細

疼痛治療セミナー:神経筋疼痛抑制手技(NMI)

期日/2019年12月15日(日)
時間/10:00~16:00
会場/琉球リハビリテーション学院(沖縄県国頭郡)

内容/このセミナーで疼痛の対処法ステップ5までを理解することで、その場で結果を出せる対処方法が身につく。
神経筋疼痛抑制手技について:
ステップ1から試し最も反応の出る手技を試す。軽度の疼痛ではステップ1や2で対応できる。疼痛部位を触れないような強い症状を訴えるときはステップ3〜5を用いて疼痛閾値を上げていく。
ステップ1:圧迫、フリクションM、ファンクションM、振動刺激を利用した疼痛緊張抑制
ステップ2:PIR、CRAC、RIを利用した疼痛緊張抑制
ステップ3:ポジショニングリリースを利用した疼痛緊張抑制
ステップ4:Segmental gate effectを利用した疼痛緊張抑制
ステップ5:CPM(=DNIC)を利用した疼痛緊張抑制
こうした疼痛抑制手技は個々に使用するより、それぞれの特徴を考慮して臨床応用することで相乗効果を発揮する。ひとつの手技で全ての疼痛を抑制できるものではない。どの手技も一長一短で、薬物治療と同じように症状に応じて刺激方法を使い分ける必要がある。セミナーでは、それぞれの手技について解説していく。
講師/安藤正志(法政大学教授)
対象/疼痛を訴える疾患に携わるセラピスト、トレーナー、自分自身が疼痛を制御したい人(解剖学や基礎医学を学んでいる医療従事者に限る)。
講師/安藤正志(法政大学教授)

参加費/5,000円
定員/30名
申込締切/定員になり次第
問い合わせ/日本スポーツリハビリテーション学会
FAX:042-783-2036
suporiha@yahoo.co.jp
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/sporeha/index.html

開催場所(都道府県別):沖縄
(掲載日:2019-10-09)
リハビリテーション
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーナー(6)
アスレティックトレーニング(2)
アスレティックリハビリテーション(3)
コンディショニング(94)
コーチング(1)
シニア(1)
ジュニア(2)
ストレッチング(7)
ストレングストレーニング(5)
ストレングス&コンディショニング(2)
スポーツメディスン(2)
スポーツ医科学(10)
テーピング(32)
トレーナー(1)
トレーニング(39)
バイオメカニクス(1)
ビジネス(1)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(1)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(2)
メンタル(1)
メンタルトレーニング(1)
リハビリテーション(51)
中・高齢者(1)
健康(1)
動作学(1)
各種セラピー:スポーツ鍼術(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(4)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:操体法(1)
各種セラピー:柔道整復(5)
各種セラピー:筋膜アプローチ(5)
各種セラピー:筋膜リリース(7)
各種セラピー:運動療法(1)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:バスケットボール(1)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(5)
女性(3)
栄養(10)
機能解剖学(4)
測定と評価(6)
生理学(2)
解剖(1)
解剖学(1)
運動指導(2)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(1)
宮城(2)
秋田(1)
山形(1)
茨城(1)
栃木(2)
群馬(2)
埼玉(8)
千葉(10)
東京(198)
神奈川(8)
新潟(1)
富山(2)
石川(1)
岐阜(1)
静岡(1)
愛知(57)
京都(3)
大阪(54)
兵庫(3)
岡山(3)
広島(6)
山口(2)
徳島(7)
福岡(34)
熊本(2)
大分(2)
宮崎(1)
鹿児島(2)
沖縄(4)
全国(1)