トップ > セミナー情報 > 詳細

筋・骨格系の解剖学の再考・再学習~解剖学的理解に基づいた臨床症状の病態把握・クリニカルリーズニングに繋げるために~

期日/2020年4月26日(日)
時間/10:00~16:00
会場/電気ビル共創館3F「B会議室」(福岡市)

内容/狙いは臨床家が常識と思っている解剖学的情報を根本から刷新する。正しくかつ最新の解剖学的知識に基づき、臨床症状を正しく理解できるようになる。
リハビリテーションに関係する職種は、臨床において、解剖学的情報をもとにして治療戦略を組み立てている。しかし、その情報は局所解剖学的に正確な情報として捉えなければならない。治療者個人が患者の症状改善のために考えていることと、解剖学的な事実は別のこととして考えなければならない。
臨床現場での問題点や症状改善のためにも、根本から解剖学的情報を吟味して、納得するまで基礎から解剖学的情報を積み上げ、そこからもう一度臨床を考えるべきである。今まで臨床的観点から見ていた解剖学の情報を、見方を変えて順に解剖学的観点から学び直すと、全く違う理解が生まれるかもしれない。本講義では、臨床で問題となる、筋、関節、骨格の解剖学的情報を一から見直してみる。そうすると、今まで考えてもいなかった理解が生まれる。すると今まで説明できなかった病態や症状を説明できるようになるかもしれない。
[プログラム]
午前:
1.骨格、関節・筋の臨床的問題と、基本的な解剖学の再学習、最新の知見
2.最新の解剖学的知見に基づいた臨床応用(上肢)
 肩関節とその周囲筋群:肘を曲げると肩がはずれる? 棘下筋は肩の外転をする?
午後:
3.最新の解剖学的知見に基づいた臨床応用(体幹)
 脊柱とその関節、および周囲筋群:腰背腱膜が固くなる原因は? プッシュアップってみんなうまくいくか?
4.最新の解剖学的知見に基づいた臨床応用(下肢)
 股関節・膝関節とその周囲筋群:髄内釘手術の本当のリスクは何か、ACL損傷と外側半月の損傷に関連がある?
講師/荒川高光(神戸大学大学院保健学研究科リハビリテーション科学領域准教授、理学療法士)

参加費/12,800円
定員/50名
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1574314728-179070

開催場所(都道府県別):福岡
(掲載日:2019-11-29)
リハビリテーション
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーナー(1)
アスレティックトレーニング(1)
エクササイズ(1)
キッズ(4)
コミュニケーション(3)
コンディショニング(136)
コーチング(2)
ジュニア(3)
ストレッチング(3)
ストレングストレーニング(3)
ストレングストレーニング&コンディショニング(2)
ストレングストレーニング&コンディショニング (1)
スポーツ医科学(11)
テーピング(21)
トレーナー(1)
トレーニング(29)
トレーニング コンディショニング(1)
トレーニング指導(2)
パーソナルトレーナー(4)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(3)
ビジョントレーニング(3)
フィットネス(4)
プログラムデザイン(1)
メンタル(1)
リハビリテーション(35)
リラクゼーション(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(1)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:徒手療法、運動療法(1)
各種セラピー:柔道整復(6)
各種セラピー:筋膜アプローチ(11)
各種セラピー:筋膜インテグレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(12)
各種セラピー:運動療法(1)
各種競技:サッカー(2)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(3)
女性(2)
栄養(5)
機能解剖学(3)
測定と評価(6)
解剖(1)
解剖学(1)
身体能力(1)
運動指導(1)
運動生理学(1)
関節ニュートラル整体(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(7)
岩手(1)
宮城(6)
栃木(4)
群馬(2)
埼玉(6)
千葉(2)
東京(153)
神奈川(10)
新潟(4)
石川(4)
長野(2)
静岡(3)
愛知(46)
大阪(83)
兵庫(7)
岡山(3)
広島(2)
山口(1)
徳島(6)
福岡(21)
熊本(1)
大分(3)
鹿児島(1)
沖縄(3)
全国(1)