トップ > セミナー情報 > 詳細

身体の繋がりからスウェイバック姿勢を学ぶ~老人性円背の予防と改善に対するアプローチ~

期日/2020年6月14日(日)
時間/10:00~16:00
会場/林野会館6F「604会議室」(東京都文京区)

内容/狙いは臨床現場でよく見かける「スウェイバック姿勢」の特徴を理解し、身体の繋がりを考慮した評価や治療アプローチを行うことができるようになる。
姿勢アライメントの崩れは、関節や筋への負荷増大をもたらし、高齢者においてはADL低下をもたらす要因にもなりえる。とりわけ、臨床現場では疾患問わず「スウェイバック姿勢」を呈しているケースに遭遇することが多く、治療介入で頭を悩ませることもあるのではないか? そこで本セミナーでは「スウェイバック姿勢」の特徴を解説しつつ、身体の繋がりを考慮した各部位に対する評価や治療アプローチを提示していく。なお、当日は翌日の臨床が「確実」に変わるように、実技中心に行う。
[プログラム]
午前:
スウェイバック姿勢の身体的特徴
スウェイバック姿勢によって引き起こされる悪循環
スウェイバック姿勢に見られる筋バランス
下肢に対する評価とアプローチ
午後:
胸郭-骨盤帯に対する評価とアプローチ
上肢-肩甲帯に対する評価とアプローチ
足部に対する評価とアプローチ
講師/柳田恵佑(drawer代表、理学療法士)

服装/実技あり、動きやすい服(Tシャツ、ジャージなど)
参加費/12,800円
定員/50名
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1579759640-431489

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2020-01-24)
リハビリテーション
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーナー(1)
アスレティックトレーニング(1)
エクササイズ(2)
キッズ(4)
コミュニケーション(3)
コンディショニング(135)
コーチング(2)
ジュニア(3)
ストレッチング(7)
ストレングストレーニング(4)
ストレングストレーニング&コンディショニング(1)
ストレングストレーニング&コンディショニング (1)
スポーツ医科学(12)
テーピング(21)
トレーナー(1)
トレーニング(30)
トレーニング コンディショニング(1)
トレーニング指導(4)
パーソナルトレーナー(2)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(3)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(4)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(2)
メンタル(1)
リハビリテーション(47)
リラクゼーション(1)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(2)
各種セラピー:ピラティス(3)
各種セラピー:徒手療法(1)
各種セラピー:徒手療法、運動療法(1)
各種セラピー:柔道整復(6)
各種セラピー:筋膜アプローチ(11)
各種セラピー:筋膜インテグレーション(3)
各種セラピー:筋膜リリース(12)
各種セラピー:運動療法(1)
各種競技:サッカー(2)
各種競技:ラグビー(1)
各種競技:野球(4)
女性(2)
栄養(6)
機能解剖学(4)
測定と評価(7)
解剖(1)
解剖学(2)
身体能力(1)
運動指導(2)
関節ニュートラル整体(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(7)
岩手(1)
宮城(5)
栃木(4)
群馬(2)
埼玉(9)
千葉(2)
東京(169)
神奈川(9)
新潟(3)
石川(4)
長野(2)
静岡(3)
愛知(50)
大阪(79)
兵庫(7)
岡山(3)
広島(2)
山口(1)
徳島(6)
福岡(22)
熊本(1)
大分(3)
鹿児島(1)
沖縄(3)
全国(1)