トップ > セミナー情報 > 詳細

現場へのビジョントレーニングの導入:LEVEL 1

期日/2020年8月9日(日)
時間/10:00~17:00
会場/三栄ビル(大阪市)

内容/このセミナーは視覚システムを利用した状態評価、痛みなどの緊張コントロール、運動介入、スポーツパフォーマンス向上、認知判断機能の向上方法などを伝えるもので、目玉をぐりぐり動かす類のものではない。視力とは異なり、視覚(ビジョン)は後天的に学んで身につけるもの。後天的に学んで身につけるものなので、トレーニングによって向上させることが可能。目は常に身体の動きをリードする。
何か「できないこと」「苦手なこと」があると、その作業を含む行動は好きではなくなる。イヤイヤやる行動は伸びも遅く定着も悪いのはご存知のこと。字を読む勉強を始めた子どもにおいては一般的に「視覚の注意を水平あるいは垂直に連続したものへ適合させる」と「字を学ぶ」という、2つのタスクを同時に求められてしまう。視覚の調整技術を身につけることで、字を読むことを学ぶだけに集中させることが、集中力や学習意欲に繋がる。ほかにも距離によって利き眼が頻繁に変わってしまう人の場合、自分に向かってくるボールをキャッチすることは難しいし、日常無理な眼の使い方をしている場合は肩こり、腰痛などの不調に悩まされ続けることになる。
発育発達、学習能力、思考、痛みの抑制、運動パフォーマンスに大きな影響を与えるビジョンへ、できないことができるようになることがトレーニングであるという考えのもと、
クライアントに楽しんでもらいながら介入、改善する方法を学ぶ。
またストレングストレーニングのプレトレーニング、ウォームアップ、トレーニングセッション中などにビジョン介入することで、飛躍的にエクササイズを改善したり、筋出力やモビリティーを向上させる方法や、動くことに前向きでないクライアントのマッサージを受けるだけ、などの受け身の治療から、一歩進んだ「不調を簡単に自分で治す習慣」を提供する工夫を伝える。
[詳細]
ビジョンとは
人間の左右の役割・左右非対称性
両眼視(評価と介入)
周辺視野(評価と介入)
動体視力(評価と介入)
抑制(評価と介入)
呼吸と舌位
頭頸部の捻れと視覚のリポジション
視覚システム介入による関節可動域の拡大
筋緊張の抑制、痛みのコントロール
筋出力やコーディネーションを高めるビジョンによるプレトレーニング
筋出力の発揮(スクワット、チンニング、など)
視覚とその他の感覚統合
色と運動の関係
重心のコントロール
視覚での認知判断能力を高める
現場での具体的な応用
トレーニング強度の設定と方法
日常で効果を最大にする環境設定
モチベーションのコントロール
その他
[認定制度とLEVEL 2]
受講後にオンラインによるテスト(任意)で90%の正解率を達成した場合、LEVEL 1認定証とLEVEL 2受講参加権利が授与される。オンラインテストはセミナー受講日より2カ月となる。
講師/後藤 玄

参加費/22,000円
定員/20名
申し込み/https://トリガーポイント.jp/osaka_level1/
申込締切/8月3日(月)
問い合わせ/トリガーポイン
TEL& FAX:072-249-3427
https://xn--eckp7fc7h6c2c9c.jp/osaka_level1/

開催場所(都道府県別):大阪
(掲載日:2020-05-11)
ビジョントレーニング
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
S & C(1)
アスレティックトレーニング(1)
アスレティックリハビリテーション(1)
コンディショニング(47)
ストレッチング(2)
ストレングストレーニング(1)
テーピング(7)
トレーナー(1)
トレーニング(9)
バイオメカニクス(1)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(2)
ビジョントレーニング(3)
マッサージ(9)
リハビリテーション(41)
各種セラピー:タイ古式マッサージ(1)
各種セラピー:手技療法(1)
各種セラピー:柔道整復(4)
各種セラピー:筋膜リリース(2)
各種競技:野球(1)
呼吸(1)
女性(1)
栄養(2)
機能解剖学(3)
測定と評価(4)
神経生理学(1)
解剖(1)
身体能力(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(1)
栃木(1)
埼玉(2)
千葉(1)
東京(78)
神奈川(3)
新潟(1)
静岡(2)
愛知(22)
大阪(21)
広島(1)
徳島(2)
香川(1)
福岡(2)
全国(19)