トップ > セミナー情報 > 詳細

運動器疾患の「何故?」を紐解くために必要な解剖学と運動学~下肢の運動機能障害に対する評価とアプローチの考え方を中心に~

期日/2020年11月1日(日)
時間/10:30~16:30
会場/マイナビルーム(東京都新宿区、JR新宿ミライナタワー25F)

内容/狙いは解剖学や運動学に基づいた運動器疾患の理学療法を効果的に進めるようになれるために必要となる「理学療法評価」の戦略と徒手的介入のポイントを理解する。
運動器疾患に対する理学療法では、さまざまな徒手療法や運動療法を組み合わせて治療していく。膝を温めて、ハムストリングスや腓腹筋をストレッチングして、大腿四頭筋セッティングを行って、股関節外転筋トレーニングした後で、歩行練習をする。変形性膝関節症の理学療法でよく見る光景である。果たして患者は何がよくなったのか、理解しているのだろうか? また、セラピストは、何故これらの運動療法が主訴の改善のために必要なのか説明できるだろうか?
運動器疾患においては、多くの症例が何らかの痛みを抱えて来院し、その痛みを取ってほしいと思い理学療法を受けている。我々はさまざまな治療行為を行っていく理由を、解剖学や運動学に基づいて説明できなければならない。本講義では、運動器理学療法で頻繁に遭遇する疾患や、障害を理解するうえで必要となる解剖学や運動学的知識を、肉眼解剖や超音波解剖、バイオメカニクスの観点から理学療法と交えて解説する。
[プログラム]
午前:
運動器疾患を診るうえで必要な理学療法のポイント
股関節を診るうえで必要な解剖学と運動学(変形性股関節症や大腿骨頸部骨折を中心に)
午後:
膝関節を診るうえで必要な解剖学と運動学(膝伸展制限を中心に)
足関節・足部を診るうえで必要な解剖学と運動学(背屈制限と扁平足を中心に)
講師/工藤慎太郎(森ノ宮医療大学保健医療学部理学療法学科准教授、理学療法士)

参加費/12,800円
定員/50名
申込締切/11月1日(日)
問い合わせ/株式会社gene
TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
seminar@gene-llc.jp
https://www.gene-llc.jp/seminar_info/?id=1591948629-357236

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2020-06-17)
リハビリテーション
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(2)
キッズ(1)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(44)
ストレッチング(7)
ストレングストレーニング(4)
スポーツ医科学(6)
テーピング(8)
トレーナー(1)
トレーニング(16)
ビジョントレーニング(2)
フィットネス(11)
メンタル(1)
リハビリテーション(27)
各種セラピー:手技療法(2)
各種セラピー:柔道整復(4)
各種セラピー:筋膜リリース(6)
各種競技:ゴルフ(2)
呼吸(1)
女性(1)
栄養(1)
機能解剖学(2)
測定と評価(9)

スポンサーリンク

開催地
北海道(6)
埼玉(2)
千葉(3)
東京(75)
神奈川(7)
新潟(1)
石川(2)
静岡(2)
愛知(18)
大阪(31)
福岡(3)
沖縄(4)
全国(17)