トップ > セミナー情報 > 詳細

起居動作におけるTouchingとFrictional force

期日/2020年12月13日(日)
時間/12:00~18:00
会場/パーソナルトレーニング&コンディショニングANCHOR(群馬県高崎市)

内容/起居動作とは、寝返りや起き上がり、立ち上がりなどのことを示す。近年では発育発達学的にシステム化されたアプローチ方法が散見され、基本動作の中の起居動作に目を向けられることが多くなったと感じている。そこで改めて基本に立ち返り、起居動作を行う為の準備や環境が整ってこそスムーズに遂行することができると考えた。
では、どのような要素が必要になるのだろうか。
寝返りのための背臥位評価
起き上がりのための側臥位評価
立ち上がりのための端座位評価
歩行のための立位評価
上記について、静止肢位をより詳細に評価し直すことにより必要な要素が見えてくる。それらを筋触診技術(palpation)、摩擦学(Tribology)を基に進めていく。
講師/駒木尊裕

参加費/15,000円
定員/12名
申込締切/12月12日(土)
問い合わせ/LSP
TEL:027-384-4393
lsp@anchor-takasaki.com
http://anchor-takasaki.com/lsp/

開催場所(都道府県別):群馬
(掲載日:2020-11-02)
コンディショニング
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(2)
キューイング(1)
コンディショニング(41)
コーディネーショントレーニング(1)
ジュニア(3)
ストレングストレーニング(3)
スポーツ医科学(5)
スポーツ科学(1)
テーピング(2)
トレーニング(12)
パーソナルトレーニング(1)
ビジネス(2)
ビジョントレーニング(1)
フィットネス(1)
メンタリング(1)
リハビリテーション(3)
各種セラピー:ピラティス(1)
各種セラピー:筋膜アプローチ(1)
各種セラピー:筋膜リリース(4)
各種セラピー:関節ニュートラル整体(2)
各種競技:ゴルフ(1)
呼吸(1)
外傷施術(5)
情報収集(1)
栄養(2)
機能解剖学(2)
測定と評価(7)
解剖(3)

スポンサーリンク

開催地
北海道(2)
群馬(3)
埼玉(6)
東京(39)
神奈川(2)
新潟(1)
長野(2)
静岡(1)
愛知(11)
大阪(21)
福岡(3)
全国(34)