トップ > セミナー情報 > 詳細

リコンディショニングを深める(3) :下肢のアプローチ

期日/2021年11月21日(日)
時間/10:00~15:00
会場/帝京科学大学 千住キャンパス 3号館「階段教室」(東京都足立区)

内容/ Re-conditioning=再び、コンディションを望ましい状態に回復させること。リコンディショニングの決められた定義はないが、運動に関わるさまざまな場面で耳にするようになり、またその重要性に注目が集まっている。コンディションが低下している要因を見つけ、改善に向けてアプローチすること。これがリコンディショニングの本懐だと考える。社会生活やスポーツ活動において、コンディションが低下する原因は多岐にわたる。故に、その評価方法や改善のためのアプローチも、多くのシステムやメソッドが考案され、トレーニングやリハビリテーションの方法も一様ではなくなってきた。本講義では、それら多くのシステムやメソッドを、実際にどのように現場でのトレーニングやリハビリテーションに利用し、落とし込み、結果に繋げているのかを紹介する。
今回は、リコンディショニングを深める(1):体幹編、(2):上肢編に続き、下肢の機能的な問題にフォーカスして、実際のアプローチを紹介する。これまで臨床の現場にて、さまざまなトリートメントやトレーニングの方法と向き合ってきた。その中で、ひとつのエクササイズを指導するにしても、何を意識して、どのように導くのか。常に考え、実践することが重要なのだと教わりました。
スポーツ現場でトリートメントやリハビリ、トレーニング指導にあたっている人はもちろん、運動に関わる全ての人に、有意義な時間を提供する。
講師/久々知修平(国立スポーツ科学センター)

参加費/一般10,000円、学生5,000円
定員/20名
申込締切/定員になり次第
問い合わせ/一般社団法人コンディションマネジメント研究所
TEL:080-3309-0877
condition.management.lab@gmail.com
https://conditionmanagemen5.wixsite.com/site

開催場所(都道府県別):東京
(掲載日:2021-09-15)
アスレティックトレーニング
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(1)
コンディショニング(59)
スポーツ医科学(4)
テーピング(7)
トレーニング(17)
ビジネス(18)
フィットネス(8)
メンタル(1)
リハビリテーション(11)
各種セラピー:マッサージ(1)
各種セラピー:柔道整復(5)
各種セラピー:筋膜リリース(5)
各種競技:野球(1)
女性(2)
栄養(2)
機能解剖学(4)
測定と評価(1)
脳神経科学(1)
解剖学(1)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
埼玉(1)
千葉(1)
東京(46)
神奈川(2)
静岡(6)
愛知(12)
大阪(13)
兵庫(7)
福岡(13)
佐賀(3)
熊本(1)
沖縄(2)
全国(44)