トップ > セミナー情報 > 詳細

野球パフォーマンス向上のための反動理論 ~ 咬合・顎関節・頚部筋のアンバランス、血行障害等の改善 ~

期日/2022年2月13日(日)
時間/10:00~16:30
会場/G5 SPORTS - ATHLETE TRAINING STUDIO - (岐阜市)

内容/施術歴28年、年間約1000人の患者を施術する中で、肩・腰の痛みを訴える患者が多く、とくに肩の痛みで来院する割合が多い。また、肩の痛みを訴えている人の中では頭痛持ちも多く、ほとんどの患者が痛み止めを毎日服用している。そのような患者を施術していく中で、顎の変位を改善することで頭痛の軽減が見られる。
2002年から東海大学硬式野球部のトレーナーとして活動し、現在約30名のプロ野球選手や剣道の選手、ゴルファーなどさまざまな種目のプロアスリートの身体も診てきた。その中で、競技時に歯の食いしばりや顎の変位、競技特性によっては筋出力の左右バランスが悪いため、頸部筋の左右のバランスも悪くなっている選手が多いのが現状。
そこで、薬の処方ではなく筋肉を和らげることで血管や神経などの圧迫を取り除き、血行促進を促すことによって痛みが軽減するという手技を見出した。施術後は「治療中は少し痛いが、終わったら痛みがなくなっていた」「今まで受けたことのない治療だった」「頭痛薬が1カ月に3シートから1シートの半分まで減った」などといった声を聞く。今回、頸部や顎部の施術において悩んでいる治療家、理学療法士、セラピストに、手技アプローチの仕方や改善方法を伝える。
[詳細]
1. 開き? 割れ?「開いてはいけないとは?」
 投手の一塁への牽制球は開かないと投げられない
 良い球を投げるには開いてはいけないのか…
 投球と牽制球の違い(先に開き、それに対する閉じる動作) 
2. 「アーム投げ」はいけない?
 頸部の左右バランスが悪いと肩関節が正常な位置で回転できない
 顎の前方突出による姿勢不良が肘関節の力みを引き起こす
 顎の位置と肘との関係について 
3. 「捻り」の部位とは? 鳩尾?
 座位で脊柱起立筋群の左右使い分け:左から右へ、外から内へ
 ボールリリースの瞬間やバッティングのインパクトの瞬間:内から外へ
 平面(左右同側)で力を溜める動き・脊柱に対する上肢の使い方 
4. 反動や反射を使った「結帯キャッチボール」
 テイクバック時の肩甲骨挙上による反動や反射
 僧帽筋、頸部の筋緊張と野球肩(五十肩なども同様) 
5. 医療従事者が伝える「ヌンチャクエクササイズ」
 菅野選手を治療しながら筋の張りと力発揮の関係性を確認しながら、スキルに落とし込みをしていった過程、プロセス
 現場(とくに中学生)に、この過程・プロセスを伝えた結果、痛みもなく、野球肘・野球肩が減少。スキルもアップした「ヌンチャクエクササイズ」
※詳細・申込は下記URL参照。
講師/森 克実(G5 SPORTS - ATHLETE TRAINING STUDIO – 代表、柔道整復師、鍼灸・あん摩マッサージ師、ほか)

参加費/14,800円
定員/12名
申込締切/2月12日(土)
問い合わせ/株式会社ライフプロデュースジャパン 担当:西口雄生
TEL & FAX:052-265-5542、090-6917-3498
y_fit_pro@ybb.ne.jp
http://www.y-fit-pro.com/newseminar/entry/post-59/

開催場所(都道府県別):岐阜
(掲載日:2021-11-25)
スポーツ医科学
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アスレティックトレーニング(2)
コンディショニング(64)
ストレッチング(1)
スポーツ医科学(5)
テーピング(3)
トレーニング(12)
ビジネス(2)
フィットネス(1)
リハビリテーション(8)
各種セラピー:マッサージ(6)
各種セラピー:ロルフィング (1)
各種セラピー:柔道整復(4)
各種セラピー:筋膜リリース(3)
各種競技:野球(1)
栄養(2)
機能解剖学(2)
測定と評価(1)
脳神経科学(1)

スポンサーリンク

開催地
北海道(7)
埼玉(2)
東京(48)
神奈川(1)
岐阜(2)
愛知(9)
大阪(22)
福岡(6)
佐賀(3)
熊本(1)
全国(22)