トップ > セミナー情報 > 詳細

NSCAジャパン「運動部活動におけるコーチ・トレーナーの新たな活用モデル 」「運動部活動生に対する運動とスポーツ教育の観点から行うコーチングの実例紹介」

期日/2022年3月5日(土)
時間/13:00~17:00
会場/オンライン開催(Zoomウェビナー)

内容/
講義1(13:00~14:30)「運動部活動におけるコーチ・トレーナーの新たな活用モデル~海外アカデミーモデルを事例としたスポーツ教育事業~」
体罰や勝利至上主義、教師の働き方など、日本における中学・高校の運動部活動の課題を整理し、海外アカデミーのシステムと日本の運動部活動を比較しながら、新しいスポーツ教育モデルの可能性と、その鍵となるコーチ・トレーナーの活用促進に関する実践的なアイデアを紹介する。
講師/田丸尚稔(修士=スポーツマネジメント、株式会社アシックス)

講義2(14:45~16:15)「運動部活動生に対する運動とスポーツ教育の観点から行うコーチングの実例紹介」
チームが「勝利」という目的を達成するために大切なこと、それは選手一人ひとりの「個性」を引き出すことであり、その個性をチームが向かうべき方向に進むよう「リード」することではないか。では「個性」「リーダーシップ」とは何なのか。その理解のため、「ティーチングとコーチング」の違いを日本と米国のアスリートの行動のあり方と照らし合わせながら言及したうえで、運動指導者として「長所・短所」や「身体特性」をどう見分け、指導しているかについての実例を紹介する。
講師/山口大輔(修士=理学、BOC-ATC、CSCS、NASM-CES、NASM-PES、東京医科歯科大学)

パネルディスカッション(16:15~17:00)「部活動の外部化に伴うトレーニングコーチやトレーナーの可能性」
本ディスカッションでは「部活動の外部化に伴うトレーニングコーチやトレーナーの可能性」をテーマに、2名の講師の総括を含め議論していく。疑問や質問など講師に聞いてみたいこと、また共有したいことなど、参加者からの積極的な質疑期待する。
コーディネーター/清野 隼(CSCS、NSCA-CPT、管理栄養士、公認スポーツ栄養士、
筑波大学 スポーツウエルネス学学位プログラム)
パネリスト/田丸尚稔、山口大輔

参加費/一般7,920円、会員5,280円
定員/100名
申込締切/3月2日(水)
問い合わせ/NPO法人NSCAジャパン
http://www.nsca-japan.or.jp/05_seminar/nsca_semi.html

開催場所(都道府県別):全国
(掲載日:2022-01-13)
ジュニア スポーツ教育
税制改定(2019年10月1日から)による消費税率変更に伴い、掲載されているセミナーの参加費については各主催者にご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet 

カテゴリ
アウトドアアクティビティ(2)
コミュニケーション(1)
コンディショニング(57)
ジュニア(1)
ストレッチング(4)
ストレングストレーニング(3)
スポーツ医科学(4)
スポーツ教育(1)
テーピング(5)
トレーニング(14)
プログラムデザイン(1)
マッサージ(1)
リハビリテーション(4)
各種セラピー:マッサージ(2)
各種セラピー:ロルフィング (1)
各種セラピー:柔道整復(3)
各種セラピー:理学療法(1)
各種セラピー:筋膜リリース(3)
各種セラピー:鍼(1)
各種競技:バスケットボール(1)
女性(1)
応急処置(1)
救急・救命(1)
運動指導(1)
運動療法(1)
高齢者(1)

スポンサーリンク

開催地
埼玉(3)
千葉(1)
東京(49)
神奈川(4)
岐阜(2)
静岡(1)
愛知(14)
滋賀(1)
大阪(17)
福岡(5)
沖縄(1)
全国(22)