スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会

スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会
ARFA第38回研修会

【第38回研修会 盛会御礼】


令和3年(2021年)2月28日(日)に第38回研修会を開催いたしました。
今回は200名を超える多くの方々に参加いただき、大盛況で終えることができました。

一般演題では、7演題が発表され、優秀賞には『腓骨筋群の形態は足関節内反捻挫後に変化するか』を発表された有馬知志先生(広島大学大学院医系科学研究科)が受賞されました。そのほかの演題も非常にレベルの高い演題で、今後の発展を期待いたします。

講演では、コンバインドセッション、エキスパートセッションともにとても刺激的な内容で、これまでの常識をひっくり返すような時間を提供していただきました。講師を務めていただいた、宮武和馬先生、河端将司先生、齋藤正佳先生、大貫崇先生、真木伸一先生ありがとうございました。

初めてのオンライン研修会ということで至らぬ点も多くあったかと思いますが、テーマにたがわぬ『新時代の到来』を感じられる研修会であったと自負しております。
最後にご参加いただいた会員のみなさま、一般に皆様、理事・役員のみなさま、講師のみなさま、そして運営に尽力いただいた準備委員のみなさまに感謝いたします。

第38回研修会の詳細は順次、≪事業記録≫にて報告いたします。

第38回研修会 研修会長
佐藤正裕