トップ > 学会・研究会・イベントその他 > 詳細

臨床筋膜リリースBasicコース 第3期(全8回)

筋膜の生理学・解剖学、筋筋膜の繋がり(Anatomy Train)、機能解剖学、運動学を通じて、上肢、下肢、体幹、頭頸部への介入方法を学ぶ。

期日
「上肢」2020年4月25日・26日、「下肢」2020年5月30・31日、「体幹」2020年6月27日・28日、「頭頸部」2020年7月25日・26日(いずれも土・日曜)  10:00~17:00

会場
新千葉二丁目ビル 202号(千葉市中央区新千葉2-14-6)

内容
「上肢」
肩甲帯・上腕・前腕・手指の筋膜への介入方法から、上肢の各関節の機能障害への臨床応用
表層:大胸筋、広背筋、僧帽筋、三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、前腕屈筋群、前腕伸筋群、小指球、拇指球など
深層:小胸筋、鎖骨下筋、ローテーターカフ、上腕筋、烏口腕筋、筋間中隔、手内在筋など
「下肢」
大腿、下腿、足部の筋膜への介入方法から、下肢の各関節の機能障害への臨床応用
表層:大臀筋、中臀筋、大腿筋膜張筋、腸脛靭帯、大腿四頭筋、ハムストリングス、縫工筋、下腿三頭筋肉、前脛骨筋、長・短腓骨、

長趾伸筋、足底筋膜など
深層:外旋六筋、内転筋群、膝下筋、後脛骨筋、筋間中隔、足底内在筋など
「体幹」
胸郭、腹部、骨盤帯の筋膜の介入方法から、呼吸やコアスタビリティー、腰痛への臨床応用
表層:腹直筋、腹斜筋群、脊柱起立筋群、腰背腱膜など
深層:腸骨筋、大腰筋、腹横筋、骨盤底筋群、腰方形筋、横隔膜、縦隔、腹膜、胸膜など
「頭頸部」
頭部、頚部、顔面の筋膜の介入方法から、頭痛や目眩、不定愁訴、嚥下への臨床応用
表層:広頚筋、胸鎖乳様突筋、後頭筋、前頭筋、棒状腱膜、咬筋、顔面筋、側頭筋、板状筋群など
深層:肩甲挙筋、斜角筋群、後頭下筋群、舌骨下筋群、舌骨上筋群、内側翼突筋、外側翼突筋など

※部位別での受講も可、1部位(2回)で44.000円

無料履修制度
コースの履修を1回無料で行うことができます。履修枠は毎コース2枠を取っていますが、コースの参加状況によっては枠が増えることがある

講師
星圭悟(作業療法士、米国認定Guild For Structural Integration Practitioner)

参加費
140,800円

定員
6名

予約締切
2019年4月24日(金)

問い合わせ
Rolf-Concept
TEL:090-1777-9454
keigo-hoshi@rolf-concept.com
https://www.rolf-concept.com/臨床筋膜リリース-basicコース-第3期/



(掲載日:2019-11-01)
筋膜リリース

スポンサーリンク

カテゴリ
医科学(1)
コンディショニング(1)
トレーニング(2)
スポーツ医学(1)
筋膜リリース(1)
ボディケア(1)
オリンピック(1)

スポンサーリンク

開催地
東京(6)
千葉(1)
埼玉(1)


スポンサーリンク