トップ > ブックレビュー > ブックレビュー検索結果

ATACK NET ブックレビュー
トレーニングやリハビリテーションなど、スポーツ医科学と関連した書評を掲載しています。

最強部活の作り方 名門26校探訪
日比野 恭三

 指導する生徒たちを頂点に導くためにはどうすればいいのか。
 私立高校17校、公立高校9校、全26校の部活動がオムニバス形式で紹介されている。メジャースポーツの野球・サッカー・バスケットなどはもちろん、マイナースポーツのフェンシングやカヌー、文化部の書道部・競技かるた部まである。 
 競技も地域もチームの雰囲気も全く異なる中で、その部を最強たらしめる共通項は何か? 身も蓋もない話であるが、どのチームにも共通していたのは優秀な選手、優秀な指導者、そして恵まれた環境である。大阪桐蔭高校硬式野球部が史上初の2度目の春夏甲子園連覇を成し遂げたことは記憶に新しい。府外出身の選手を多く擁し、寮が完備され、競技に集中できる環境の中で、質の高い練習が行われる。
 しかし本書から読み取るべきは、最強に至る「過程」である。部の発足から部員集め、練習法の試行錯誤、チームづくり、周囲の協力・支援、全国の舞台を勝ち抜く勝負強さ・メンタル…。
 どの部もはじめから頂点に君臨していたわけではない。日本一は文字通り1つだが、日本一のストーリーはまさに十人十色である。実際に起きたさまざまな困難も包み隠さず書いてある。
 それだけではない。本書に登場する指導者たちは全て、最強の「その先」を見据えていた。近年は部活動の過熱化や勝利至上主義に対する批判が高まり、「ブラック部活動」という表現をよく目にするようになった。部活動の存在意義が改めて問われている。その中で指導者たちはスポーツの、部活動のあるべき姿を模索しながら指導にあたっていた。
 勝利を目指す方法論を説きながら、部活動指導の哲学書でもある本書は、指導の現場に立つ先生方にぜひ読んでいただきたい一冊である。
(川浪 洋平)

出版元:文藝春秋

(掲載日:2018-12-19)

タグ:部活動 
カテゴリ 指導
CiNii Booksで検索:最強部活の作り方 名門26校探訪
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:最強部活の作り方 名門26校探訪
e-hon

アスレティック・ムーブメント・スキル スポーツパフォーマンスのためのトレーニング
Clive Brewer 広瀬 統一 岡本 香織 干場 拓真 福田 崇 吉田 早織 安藤 豪章 馬越 博久 飯田 聡 大西 史晃 越田 専太郎 倉持 梨恵子

「動作」という言葉をここまで詳細に、多角的・多面的に、そして俯瞰して解説したものは本書をおいてほかにないと言える。
 競技動作全般、中でもムーブメント=「移動」スキルに関する解説とトレーニング方法が紹介されている。ムーブメントとは動きという意味以外に、「流れ」という意味もあるようだ。ラン、方向転換、ジャンプはスポーツのパフォーマンスを支える非常に重要な基礎能力だ。それらを向上させる手段を解剖学・運動生理学・バイオメカニクスにおける根拠を示しながら解説されている。
 動作が年齢によりどのように発達するのかについても多くのページを割いて説明されている。これは指導者にとっても、その指導を受けるアスリートにとっても有益である。自分が指導しているアスリートの成長段階を知ることで、最適なトレーニングの種目や負荷量を自信をもって決断できる。
 トレーニングにおける「動作」という言葉は、すでに広く普及している。ファンクショナルトレーニングやピラティスなど「動作を鍛える」トレーニングメソッドはいまや限られたトップアスリートが受けられるサービスではなく、スポーツ愛好家からスポーツ習慣はなくとも健康に関心の高い一般の方にも容易に体験できる時代となった。それゆえ、動作という言葉が一人歩きをしている感は否めない。本書を読むことで動作の解釈はより明確になり、応用力・運用力は確実に向上するだろう。私自身、動作という単語の定義が曖昧だったのだが、かなり明確になったと感じる。
 さまざまなトレーニング方法を点とするなら、本書はそれらをつなぎ合わせ、より高い成果を生み出す線の役割を果たす。ややアドバンスな内容であるが、学びを続ける指導者にぜひ読んでいただきたい。

(川浪 洋平)

出版元:ナップ

(掲載日:2019-02-01)

タグ:動作 トレーニング 
カテゴリ 指導
CiNii Booksで検索:アスレティック・ムーブメント・スキル スポーツパフォーマンスのためのトレーニング
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:アスレティック・ムーブメント・スキル スポーツパフォーマンスのためのトレーニング
e-hon

「挑戦的スローライフ」の作り方 カリフォルニア郊外でプロサーファー鍼灸師
南 秀史郎

「カリフォルニア」で「プロサーファー」かつ「鍼灸師」で「挑戦的」なのに「スローライフ」。
 矛盾する言葉が表紙に並ぶ本書は、「夢に生きる」ことがテーマだ。著者は南秀史郎(みなみ ひでしろう)。1959年、大阪で200年続く鍼灸院の6代目、7人兄弟の末っ子として生を受ける。
 波に飲まれれば命を落とすこともある危険なスポーツであるサーフィン。テレビで見るようなビッグウェーブに乗れるチャンスは1年に1〜2回。そんな危険な競技に著者が挑戦を続けられる理由はなんなのか。本書では物事に対する姿勢や考え方、食事や睡眠などの日々の過ごし方などが著者からの「アドバイス」として紹介されているが、著者の信念は本書の最後にある「身体的な気持ち良さを大切にする」という言葉に集約されている。
 サーフィンにおける良い波に乗れたときの達成感、波の音や風、日常における食事・睡眠、日々健康に生きていることそのものへの感謝…。自分が「良いと感じたもの」をとことん追求する。それがたとえ科学的根拠に乏しいものであっても。結局は自分が実践してみて、実感したものでしか、納得のいく人生は作れないのだろう。
 自分の選択に自信が持てない人や、迷いや葛藤を感じている人ぜひ読んでいただきたい一冊である。
(川浪 洋平)

出版元:医道の日本社

(掲載日:2019-04-16)

タグ:鍼灸 サーフィン 
カテゴリ 人生
CiNii Booksで検索:「挑戦的スローライフ」の作り方 カリフォルニア郊外でプロサーファー鍼灸師
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:「挑戦的スローライフ」の作り方 カリフォルニア郊外でプロサーファー鍼灸師
e-hon

トレイルズ 「道」と歩くことの哲学
ロバート ムーア Robert Moor 影山 徹 岩崎 晋也

 私の生まれた町は道路が東西南北に規則正しく伸びていて、碁盤の目のようになっている。北に行けば標高が高くなり、南に行くほど海に近くなるので、北に行くことを「上に行く」、南に行くことを「下へ行く」と言い、道案内はそれで通じた。鉄道も3路線あったが全て東西に長く伸びるだけであった。
 高校卒業とともに上京した私は、縦横無尽に走り枝分かれする道路や地下鉄に戸惑いを隠せなかった。

 本書の道案内役はロバート・ムーア。ミドルベリー大学の特別研究員である。彼はアパラチアン・トレイル(アメリカ東北部を2,600kmにわたって連なる山脈)の全区間スルーハイクから、 ある疑問を持った。「道はどのようにしてできたのか」「なぜこの場所にできたのか」。その答えを求め、整備された都市はもちろん、原住民族のみが知るような地図にない道、目に見える道だけでなくアリの行列から古代生物の化石まで世界各地を探索した。

 やがて彼は、一つの答えにたどり着く。
 ”道=トレイルには物語がある”。動物が生存のために天敵を避け、食料のある場所までの安全な道を作った。人類はすでにある道をできるだけ早く移動するために、また情報を伝えるためにテクノロジーを発達させた。人類の、そして地球に住む生物の太古からの営みと歴史がトレイルには刻まれていた。

 我々がなぜ今ここにいるのか、どうやってこの場所にたどり着いたのか。本書は幾重にも積み重ねられたトレイルの“これまで”の物語を知るとともに、我々が“これから”をどう生きるかを考える哲学書でもある。

 ロバート・ムーア氏とともにトレイルを辿る旅に出てみてはいかがだろうか。きっといい道案内役になってくれるはずである。

(川浪 洋平)

出版元:エイアンドエフ

(掲載日:2019-08-17)

タグ:道 トレイル 
カテゴリ 人生
CiNii Booksで検索:トレイルズ 「道」と歩くことの哲学
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:トレイルズ 「道」と歩くことの哲学
e-hon

スポーツ・コーチング学 指導理念からフィジカルトレーニングまで
Rainer Martens 大森 俊夫 山田 茂

 世の中には様々な指導者がいる。厳しい指導者・優しい指導者、熱血な指導者・冷静な指導者、指導対象とする年齢や性別・カテゴリーの違い…よい指導者の条件とはなんだろうか。同じ指導者でも「あの人はいい指導者だ」「あの人はダメだ」と周囲の意見が分かれるのはなぜだろうか。

 本書の著者はレイナー・マートン。元イリノイ大学教授。30年以上にわたりコーチングを実践・研究している。
 目次を辿ると、指導の哲学、選手とのコミュニケーション、練習計画のたて方からフィジカルトレーニングや栄養学まで網羅し、またチームや人間関係のマネジメントまで解説されている。
 本書読んで感じた一番のパラダイムシフト(認識の転換)は「指導とは一方通行ではない」ということだ。日本のスポーツ現場では指導者と選手が主・従の関係になりやすい。とくに日本の部活動では教師・生徒という関係が前提にあるため、この関係は顕著で容易に強化されやすく、指導者から選手への指示は絶対的なものになりやすい。
 本書では、コーチングは指導者が自らの指導哲学を持ちながらも選手のパーソナリティを深く理解し、それに合わせた指導を行うべきであると繰り返し述べられている。どうやって指示をするかではなく、どうやって相手を理解するか、そのための知識と手法を学ぶことができる。

 また、本書では理解を深めるためにコーチングの現場で起きるさまざまな事例が提示されている。その1つを紹介しよう。

 ある高校の女子バレーボールチームにBeckyという選手がいた。彼女は優秀な選手であったが背が低く、いつも後衛のポジションでプレーしていた。しかし、彼女は一度でいいから前衛でプレーしたいと思っていて、チームメイトもみなその気持ちを知っていた。
 チームはコーチに対し「シリーズ最後の試合で一定以上の得点を上げたら、Beckyを前衛でプレーさせてほしい」という約束を交わし、見事条件を達成した。コーチはパフォーマンスとしてはベストではないチーム編成にためらったが、約束通りBeckyを前衛として起用した。
 その試合は勝利することができた。Beckyが前衛でプレーし続けられるために、チーム全員が努力して高いパフォーマンスを発揮したからだ。選手も観客も熱狂し、選手たちの顔は喜びで輝いていた。

 コーチが選手たちに協調し、勝利よりも重要な目的のために行動した事例である。

 コーチングを学ぶこと、コーチングの手法が普及することは指導者個人のスキル向上だけでなく、日本全体のスポーツレベルの向上に大きく寄与するはずだ。ぜひ多くの指導者の方に読んでいただきたい。


(川浪 洋平)

出版元:西村書店

(掲載日:2019-09-02)

タグ:コーチング 
カテゴリ 指導
CiNii Booksで検索:スポーツ・コーチング学 指導理念からフィジカルトレーニングまで
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:スポーツ・コーチング学 指導理念からフィジカルトレーニングまで
e-hon

テーパリング&ピーキング 最適なパフォーマンスのために
Iñigo Mujika 水村(久埜) 真由美 彦井 浩孝 寺本 寧則

 テーパリング(tapering)とは、「漸減させる」という意味である。

 トレーニング指導においてチームから求められることは、試合でのパフォーマンスの最大化であることは言うまでもない。コーチやトレーニング指導者は試合直前まで選手のパフォーマンス向上を目指しながら、同時にケガの発生と疲労による影響に注意しなければならない。

 本書は前半でテーパリングによる身体的・心理的変化に関する研究、パフォーマンス向上のためのテーパリングメソッドを解説し、後半ではオリンピックや世界選手権で結果を残した一流選手の試合直前のコンディショニング=テーパリング記録を紹介している。

 非常に興味深かったのは、第7章のトレーニングの数理的モデル化である。選手に影響を与える要素はトレーニングはもちろん生活環境や人間関係も含めありとあらゆるものがあるが、それらとパフォーマンスとの関係を可能な限り簡略化するものである。これよってそれまでの章のテーパリングの研究結果やメソッドの理解が格段に深まり、指導者がこれから実施するテーパリングの効果を予測しやすく、コントロール可能なものにする。現場にいる人間が理解・実行できる内容であることは非常に重要なポイントであろう。

 瞬発的競技、持久的競技、個人競技、チーム競技など、競技特性別にポイントを解説しているのも魅力的である。豊富な科学的知見とそれらが理解しやすい構成の本書は、指導の質の向上だけでなく、選手に対する説得力や他スタッフとの円滑な連携にも寄与するはずだ。

(川浪 洋平)

出版元:ブックハウス・エイチディ

(掲載日:2019-09-25)

タグ:テーパリング ピーキング 
カテゴリ スポーツ医科学
CiNii Booksで検索:テーパリング&ピーキング 最適なパフォーマンスのために
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:テーパリング&ピーキング 最適なパフォーマンスのために
e-hon

ピーキングのためのテーパリング 狙った試合で最高のパフォーマンスを発揮するために
河森 直紀

 選手をサポートするトレーナーの方であれば、試合に勝って勝利の喜びを分かち合うこともあれば、日々厳しい練習を積み重ねながらも、コンディショニングがうまくいかず、思い通りのパフォーマンスが発揮できずに試合を終える選手を、ただ歯がゆい思いでみているしかない経験をしたことがあるはずだ。本書はそんなあなたに「フィットネスー疲労理論2.0」という武器を授ける。
 内容はピーキングを構成する手法の1つ、テーパリングに焦点をあてて解説している。第1章ではテーパリングの定義とピーキングとの違いを明確化し、第2章でテーパリングのメカニズムを解説。またPreparednessという概念を紹介している。Preparednessとは、パフォーマンス発揮のための筋力や持久力などの身体的ポテンシャルのことである。第3章では実際のテーパリングの介入方法を4つのシナリオを例に紹介している。
 冒頭で申し上げた通り、本書の最重要項目は「フィットネスー疲労理論2.0」である。本書はこの理論を理解するための一冊と言っても過言ではない。少し紹介しよう。
 古典的な超回復理論はトレーニング後の疲労という一つの要因による体力レベルの変化をみせる一元論モデルである。それに対してフィットネス−疲労理論はフィットネス(体力レベル)と疲労の二元論モデルである。これをもとに発展させたものを、「フィットネス−疲労理論2.0」として、著者の河森氏が紹介している。簡単に説明すると、複数のフィットネスと疲労が存在する多元論モデルである。たとえば最大筋力におけるフィットネスと疲労、最大酸素摂取量におけるフィットネスと疲労、などで構成される。
 パフォーマンスに影響を与える要素は数多くあり、また目標とする試合で最も必要とされるパフォーマンスも、競技種目や対戦相手との相性などによって変化する。それらが可視化・数値化、比較可能なものとなり、テーパリング計画の優先度の決定が可能になる。もちろん、テーパリングを必要としないオフシーズンのトレーニング計画の立案にも応用できるだろう。
 著者は河森直紀氏。アメリカとオーストラリアの大学院で博士号を取得し、シンガポールの政府機関や国立スポーツ科学センターでのトレーニング指導を歴任。理論と実践に裏付けられた本書の内容は必ずあなたの武器になるはずだ。

(川浪 洋平)

出版元:ナップ

(掲載日:2020-04-25)

タグ:テーパリング ピーキング 
カテゴリ スポーツ医科学
CiNii Booksで検索:ピーキングのためのテーパリング 狙った試合で最高のパフォーマンスを発揮するために
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:ピーキングのためのテーパリング 狙った試合で最高のパフォーマンスを発揮するために
e-hon

基礎から学ぶ スポーツセルフコンディショニング
西村 典子

 アマチュアスポーツでは、アスレティックトレーナーが毎日現場にいて選手の対応にあたることは難しい。そのため、週1回やそれ以下のサポートでもよりよいサービスを提供するために、選手への教育やセルフコンディショニング指導が欠かせない。
 タイトル通り、本書はアスリート向けに書かれている。内容は①ケガ予防、②コンディショニング、③生活習慣を見直す、という順に書かれている。特筆すべきは、ケガ予防の章で初めに出てくる具体的な疾患名が「脳出血」であることだ。脳出血は「3H」(Head=頭部外傷、Heart=心臓、Heat=熱中症)の一つとして紹介されており、命に関わるケガを初めにもってきていることと、順番が前後するが、表紙の見返しに「自分の体と向き合うことを大切にしてほしい」とつづられていることから、本書を読むアスリートへの強いメッセージがうかがえる。
 アスレティックトレーナーの私がこの本を読む価値は一体なんだろうと考えたときに、本書をそのまま選手に渡すことも考えたが、思い当たったのは選手との「コミュニケーションツール」としての利用である。アスリート向けの内容のため、専用用語は少なく、平易で理解しやすい言葉で解説されている。トレーニング指導で選手に伝える際にはそのまま使うことが可能だ。
 内容が怪我や治療に偏ることも、トレーニングに偏ることもなく、アスリートがどうすればよいコンディションを保ち、練習や試合で高いパフォーマンスを発揮できるか、「選手が欲しい情報」を過不足なく一冊にまとめているので、セルフコンディショニング指導の内容そのものの参考にもなる。
 著者は西村典子氏、本書の冒頭に第0章という形で、著者が大学時代をサポートしたプロ野球選手とのインタビュー記録がある。「プロアスリートや日本代表選手をサポートしたことがある」トレーナーは散見されるが、選手個人の登場は珍しい。選手からの信頼と著者の実績を証明している。コロナウイルスの影響でスポーツ活動が自粛され、対面指導が困難な今、「STAY HOME」でできるパフォーマンスの維持・向上対策としてぜひ参考にしていただきたい。

(川浪 洋平)

出版元:日本文芸社

(掲載日:2020-05-04)

タグ:セルフコンディショニング 
カテゴリ スポーツ医科学
CiNii Booksで検索:基礎から学ぶ スポーツセルフコンディショニング
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:基礎から学ぶ スポーツセルフコンディショニング
e-hon

40℃超えの日本列島でヒトは生きていけるのか 体温の科学から学ぶ猛暑のサバイバル術
永島 計

「体温ってなんですか?」と聞かれて、あなたは自信を持って答えることができるだろうか?
 スポーツ選手の脱水によるパフォーマンス低下から、高齢者に起こる室内での熱中症まで、暑熱環境が人体に与える環境は大きい。この暑さへの対抗策はなにがあるだろうか。本書の結論を先に申し上げると、対抗策は水分補給が最も有効かつ効率的である。
 なんだ当たり前じゃないか、と思われるだろう。しかし、この当たり前がきっちりとできていないことは、毎年の熱中症のニュースを見れば明らかであろう(熱中症による救急搬送は2019年8月だけで3万6千人である)。水を飲む、という行為は至極簡単なはずなのに。つまり、重要なのはなぜ適切な水分補給ができていないか、どうすればできるようになるかである。
 本書はこの結論に至るまでに、体温とは何か、気温はどのように体温に影響を与えるか、身体に備わっている温度センサーには何があるか、それが正常に機能しなくなるのはどんなときか、またもちろん水分補給以外の体温を下げる手段についても解説している。
 非常に興味深かったのは、脱水と体温上昇により、人は「寒く感じる」ということだ。暑さによる影響を受け始めたタイミングで、人体に備わっている温度センサーは容易に狂い始める。余談だがこれは寒冷環境でも同じようで、人は低温環境に一定時間さらされると「暑く感じ」、「服を脱ぎ始める」という矛盾した行動をとるという研究がある。雪山で遭難し凍死した人の遺体は、裸に近い服装で発見されることが多いそうだ。
 話を戻して、水を飲む、という簡単な行為でも、個人レベルでのコントロールは難しい。トレーナーや指導者側による管理が必須だ。
 コロナウイルスによる自粛もピークは過ぎ、徐々に日常へ戻ろうとしている。スポーツ活動も再開していこうという中、安全なスポーツ活動再開のために暑さ対策について本書で学んでいただけたらと思う。

(川浪 洋平)

出版元:化学同人

(掲載日:2020-05-23)

タグ:体温 熱中症 
カテゴリ スポーツ医科学
CiNii Booksで検索:40℃超えの日本列島でヒトは生きていけるのか 体温の科学から学ぶ猛暑のサバイバル術
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:40℃超えの日本列島でヒトは生きていけるのか 体温の科学から学ぶ猛暑のサバイバル術
e-hon

自慢の先生に、なってやろう! ラグビー先生の本音教育論
近田 直人

『ごくせん』や『ROOKIES』(ルーキーズ)、古くは『3年B組金八先生』は情熱を持った先生と荒れた生徒の感動ストーリーだが、それを現実でやってのける教師がいた。
 名前は近田直人、彼は学生時代にラグビーに打ち込み、筑波大学で体育教員の免許をとったあとは地元の大阪に戻り、教師のしてのキャリアをスタートさせる。赴任した高校はいわゆる荒れた高校だった。そこでさまざまな問題を抱えた生徒や保護者に向き合い、そしてときには行政や国のルールにも立ち向かっていく。
 問題の解決は困難だったが、著者の信念は一貫していた。それは「愛情」である。生徒に対する愛情。生徒たちは誰かを傷つけたり、ルールを破ったりしたいのではない。ただ誰かの「愛情」を欲しているのだという。それも言葉だけでは伝わらない、行動を示すことで生徒の見る目が変わり、信頼を得ることができる。
 著者の半生を記したといえる本書では、その過程を学ぶことができるだろう。また、体罰についても言及されている。生徒を支配するための体罰は許されるものではないが、「他人を傷つける暴力を止めるために手をあげることは必要」と書かれている。タブーと言われる体罰問題にも果敢に挑んだ内容は非常に貴重である。
 教員に限らず、指導に携わる人、そして保護者の方にもぜひ読んでいただきたい一冊である。

(川浪 洋平)

出版元:ザメディアジョン

(掲載日:2020-09-23)

タグ:教育 
カテゴリ 人生
CiNii Booksで検索:自慢の先生に、なってやろう! ラグビー先生の本音教育論
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:自慢の先生に、なってやろう! ラグビー先生の本音教育論
e-hon

ハイパフォーマンスの科学 トップアスリートをめざすトレーニングガイド
David Joyce Daniel Lewindon 野坂 和則 沼澤 秀雄

 メソッドの紹介や、エクササイズ種目を解説する書籍は数多くあるが、「まだトップでないアスリートを、どうやってトップに導くか」を明確に示しているものは本書をおいてほかにない。
 本書は3パートに分かれ、パート1では競技能力の評価方法、年代別の特徴や指導の注意点、パート2ではジャンプやアジリティなど動作を向上させるためのトレーニングとコーチングポイント、そしてパート3では試合本番で最高のパフォーマンスを発揮するための年間計画とピーキング、リカバリーを解説している。
 どのパートにおいても、指導する対象のアスリートの「年代」「競技歴」「トレーニング歴」などを考慮し、個人から集団までそれぞれの特性に合わせた最適なコーチングを学べる構成になっている。
 また、ぜひ読んでいただきたいのは、多くの研究によって明らかになった「実は間違っていたトレーニング方法」についてである。これまで現場で当たり前のように行われている指導のテクニックとされているものが、実はアスリートのパフォーマンスを低下させているというのだ。一例として「トレーニング中に身体内部へ意識を向けさせる声掛け」がある。たとえば「お尻の筋肉を使って」であったり、「背筋を伸ばして」というような声掛けは、トレーニング効果を高めることはなく、機能的な動作を身につけることにもつながらないというのは衝撃的であった。
 現場でトレーニング指導を行っているあなたに、今自分が正しいと信じていることを一旦立ち止まって疑ってみる、そんな貴重な機会を本書は与えてくれるだろう。

(川浪 洋平)

出版元:ナップ

(掲載日:2020-10-05)

タグ:トレーニング 
カテゴリ スポーツ医科学
CiNii Booksで検索:ハイパフォーマンスの科学 トップアスリートをめざすトレーニングガイド
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:ハイパフォーマンスの科学 トップアスリートをめざすトレーニングガイド
e-hon

復刻新装版 ランニング
金栗 四三 増田 明美

 著者の名は「かなくり しそう」と読む。日本マラソンの父と呼ばれ、日本人初のオリンピック選手である。大河ドラマ『いだてん』の主人公といえば、ご存じの方もいるのではないだろうか。私は彼を、100年先の未来から来たトップアスリートと呼びたい。
 本書は1916年(大正5年)に発刊された「ランニング」の復刻版である。マラソンに関する技術的な解説以外にも、食事や休養、運動時の服装やシューズにいたるまで事細かに書かれているが、その内容は100年前に書かれたとは到底信じられないほど「最新」であった。その一部を引用して紹介しよう。

「さてこの心身の調和したる発育を達成するには、単に駈歩(走る練習)ばかりでは不足する傾向がある。この他にもなにか運動をして各筋肉や、関節を動かすことが大切である」

「脚は駈歩には直接他(上半身など)よりも関係があるから、十分脚の筋肉や関節を強くし自由に運動をできるようにしておかねばならない」

 なんと金栗は今から100年も前に、競技練習以外に筋力トレーニングやストレッチを行い、筋力や柔軟性を向上させる重要性について認識していたのだ。それも長距離走でである。これが私が金栗四三を「100年先の未来から来たトップアスリート」と呼ぶ理由である。
 本書はただ当時の技術解説書の枠を越え、金栗から私達へのスポーツ発展を願うメッセージと言えよう。私達が未来へ何を残していくべきか。本書を読めば見えてくるかもしれない。

(川浪 洋平)

出版元:時事通信社

(掲載日:2020-10-24)

タグ:ランニング マラソン 
カテゴリ スポーツ医科学
CiNii Booksで検索:復刻新装版 ランニング
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:復刻新装版 ランニング
e-hon

女性アスリートの健康管理・指導 Q&A
能瀬 さやか

 近年、国際大会での女性アスリートの活躍が目覚ましい。実は、21世紀になってからのオリンピックの日本人出場者・金メダリストは女子のほうが多い。そこを目指す育成年代の選手が増えるのは当然の流れで、サッカー、ソフトボール、格闘技に至っても女性アスリートの競技人口は増加傾向だ。それと同時に指導者やトレーナー・医療従事者は女性アスリートのサポートについてこれまで以上に学ぶ必要がある。
 さて、本書ではタイトル通り、女性アスリート特有の医学的課題についてQ&A形式で解説されている。その数なんと103項目。男女の身体的特徴の違いから女性アスリートの三主徴・月経痛、妊娠・出産・更年期世代、パラアスリートのスポーツまで幅広く扱っている。
 Q&A方式なので、専門用語や難解な文章は少なく、現場の素朴な疑問や不安に対して一問一答で情報を得ることができる。女性スポーツに関わる医療従事者やトレーナーはもとより、「他人に聞きづらく」「正しい情報にたどり着くことが難しい」女性の身体や性に関する知識を必要とする女性アスリート本人や、その保護者にも是非読んでいただきたい。本書は心強い「相談窓口」となるはずだ。

(川浪 洋平)

出版元:日本医事新報社

(掲載日:2020-11-05)

タグ:女性アスリート 
カテゴリ スポーツ医科学
CiNii Booksで検索:女性アスリートの健康管理・指導 Q&A
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:女性アスリートの健康管理・指導 Q&A
e-hon

野球と暴力 殴らないで強豪校になるために
元永 知宏

 冒頭、いきなり衝撃を受けた。「野球と暴力はいまだに親和性が高い」という文章が目に入ったからだ。「親和性」という言葉は一般的にポジティブな意味で使われるはずだ。
 本書は10名以上の監督・コーチ・選手の「暴力経験者」へのインタビュー形式で進行する。指導者から選手に対する暴力はもちろん、選手間での暴力(上級生による下級生いびり)や罰としての練習(罰走)などその内容は様々だ。
 なぜ、ハイリスク・ノーリターンとも言える暴力に手を染めてしまうのか? 指導者・選手ともに、暴力が発覚すれば謹慎、解雇、活動停止などの措置は免れないはずだ。著者はその理由を様々な角度から考察しているが、結論として、①監督な絶対的な権力、②指導者から選手への一方通行のコミュニケーション、③受身姿勢の選手、④甲子園という聖域、の4つにまとめていた。
…が、私はさらにその「根源」があると考えている。
 本書の流れと逆転して中盤に「野球界という閉鎖空間」という言葉が出てくるが、これこそが暴力を根絶できない根源要因ではないだろうか。
 外部からの指摘を受けない閉鎖空間ではひとたび暴力に手をつければ、その魔力(本文にも「うまく手なずけることができればものすごい効果を生み」とある)に取りつかれ、歯止めが効かなくなる。殴ることが「正義」となり、指導者が「強くなってほしい」と思って殴ることは正しく、また選手は「期待されているから殴られる」ことは正しいと信じるようになる。となると、似たようなことは他の集団でも容易に起こりうるのではないだろうか。男子バスケの強豪校で起こったことも、大手広告企業で起こったことも…あなたの今いる場所はどうだろうか。
 本書の問題提起は、野球界のみならず、閉塞感に包まれた今の日本全体に向けられているのだ。

(川浪 洋平)

出版元:イースト・プレス

(掲載日:2020-11-30)

タグ:野球 暴力 
カテゴリ 指導
CiNii Booksで検索:野球と暴力 殴らないで強豪校になるために
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:野球と暴力 殴らないで強豪校になるために
e-hon

バドミントン 勝利につながる「体づくり」 競技力向上トレーニング
吹田 真士

 よくある元アスリートの経験に基づいたトレーニング本かと思って開いたら、しっかりとした科学的根拠とトレーニング理論に基づいた専門書であった。
 それもそのはず。著者の吹田真士氏は名門筑波大学の助教で、かつ同大バドミントン部の総監督。自らトレーニングやコンディショニングの研究を行いながら、得られた知見を指導に応用している。紹介されているトレーニング種目も、競技動作に負荷をかけるような安直なものはなく、プレーにおける運動連鎖や筋収縮様式を分析・分解し、必要な体力要素を向上させる種目に落とし込んでいる。
 それだけではない。プレー単体で考えるだけでなく、プレーとプレーのつながりを考慮したプログラム設計や、長ければ2時間半にも及ぶバドミントンの試合の終盤まで高いパフォーマンスを発揮できるような持久力、それを支える食事や年間計画までも解説。これは競技と科学、両方の専門家である吹田氏にしか書けない内容だ。
 指導者やトレーナーはもちろん、選手やその保護者の方にもおすすめできる一冊である。

(川浪 洋平)

出版元:メイツ出版

(掲載日:2020-12-15)

タグ:バドミントン 
カテゴリ 運動実践
CiNii Booksで検索:バドミントン 勝利につながる「体づくり」 競技力向上トレーニング
紀伊國屋書店ウェブストアで検索:バドミントン 勝利につながる「体づくり」 競技力向上トレーニング
e-hon


カテゴリ

その他(119)
アスレティックトレーニング(19)
エッセイ(9)
ストレッチング(22)
スポーツライティング(36)
スポーツ医学(25)
スポーツ医科学(212)
スポーツ社会学(10)
スポーツ科学(3)
トレーニング(135)
フィクション(7)
ボディーワーク(13)
マッサージ(2)
メンタル(24)
人生(135)
医学(50)
指導(176)
東洋医学(6)
法律(3)
生命科学(21)
身体(129)
運動実践(172)
運動指導(1)
運動生理学(5)
(30)


タグ
ACL(2) ACL損傷(1) DNA(1) F1(1) Mテスト(1) NFL(2) NPO(1) PNF(4) ROM(1) SPAT(1) iPS細胞(1) お金(1) からだことば(1) ことわざ(1) やり投げ(1) やる気(1) アイシング(1) アイスホッケー(1) アクティブレスト(2) アスリート(3) アスリートの言葉(2) アスレティックトレーニング(4) アスレティックリハビリテーション(1) アダプテッド・スポーツ(1) アナリスト(2) アナリティクス(1) アフォーダンス(1) アマチュア(1) アメリカ(3) アメリカンフットボール(4) アライメント(1) アルペンスキー(1) アレクサンダーテクニーク(1) アレクサンダー・テクニーク(2) アロマ(2) アンチエイジング(2) アンチドーピング(1) アーチェリー(3) イタリア(1) イチロー(2) イップス(2) インストラクター(1) インタビュー(4) インナーマッスル(2) ウェイトリフティング(1) ウォーキング(5) ウルトラマラソン(3) エアロビクス(3) エイジング(1) エクササイズ(7) エッセー(6) エビデンス(2) エラー(1) エンデュランス(1) エンデュランストレーニング(1) オイルマッサージ(2) オノマトペ(3) オリンピック(4) オールブラックス(1) カウンセリング(2) カナダ(1) カルチュラルスタディーズ(1) カン(1) ガン(1) キック(1) キックボクシング(1) キック動作(1) キネシオロジー(2) キネティックチェーン(1) キャリア(1) クイックリフト(2) クロール(2) グラブ(1) ケア(2) ケガ(3) ケトルベル(1) ゲノム(1) ゲーム分析(1) コア(6) コアコンディショニング(1) コアトレーニング(1) コツ(4) コミュニケーション(8) コレステロール(1) コンディショニング(15) コントロロジー(1) コーチ(2) コーチング(25) コーディネーション(4) コーディネーショントレーニング(1) ゴルフ(8) ゴールキーパー(1) サウナ(1) サッカー(65) サバイバル(2) サプリメント(5) サポート(1) サルコペニア(1) サーフィン(1) シューズ(2) シュート(1) シリーズ(1) シンクロナイズドスイミング(2) シンクロナイズド・スイミング(1) ジャーナリズム(1) ジュニア(7) ジュニア指導(2) ジョギング(1) スカウティング(2) スカウティングレポート(1) スカウト(1) スキル(1) スキンケア(1) スキー(1) スキージャンプ(1) スクラム(1) スケート(1) スタッフ(3) ストレス(3) ストレス解消(1) ストレッチ(4) ストレッチング(41) スピードスケート(1) スプリント(2) スポーツ(2) スポーツと法(1) スポーツの意味(2) スポーツの捉え方(1) スポーツの歴史(1) スポーツを支える(1) スポーツクラブ(1) スポーツコミュニケーション(1) スポーツセーフティ(5) スポーツドクター(1) スポーツバイオメカニクス(3) スポーツビジネス(5) スポーツビジョン(3) スポーツマッサージ(3) スポーツマンシップ(1) スポーツマーケティング(1) スポーツライティング(1) スポーツ倫理(1) スポーツ傷害(5) スポーツ全般(1) スポーツ医学(12) スポーツ医科学(6) スポーツ史(3) スポーツ史学(1) スポーツ哲学(1) スポーツ報道(2) スポーツ外傷(2) スポーツ心理(1) スポーツ心理学(2) スポーツ戦略(1) スポーツ文化(1) スポーツ文化論(1) スポーツ栄養(4) スポーツ栄養学(4) スポーツ生理学(3) スポーツ科学(14) スポーツ精神医学(1) スポーツ障害(2) スポーツ食事学(1) スランプ(1) スロージョギング(1) セイバーメトリクス(3) セカンドキャリア(3) セカンドライフ(1) セルフコンディショニング(1) セルフトーク(1) センターバック(1) ソフトボール(1) タイム(1) タイ式マッサージ(2) タンパク質(2) ダイエット(9) ダンス(2) チューブトレーニング(1) チーム(7) チームビルディング(2) テコンドー(1) テスト(1) テニス(15) テレビ(1) テーパリング(4) テーピング(10) データ(1) データ分析(3) トライアスロン(1) トリガーポイント(3) トレイル(1) トレイルラン(1) トレーナー(1) トレーニング(129) トレーニング ダイエット 自重(1) トレーニング日誌(1) トレーニング科学(6) ドラフト(1) ドリル(2) ドーピング(5) ナンバ(1) ニーズ(1) ノウハウ(1) ノルディックウォーキング(1) ノンフィクション(10) ノート(1) ハラスメント(2) ハーバード(1) バイオメカニクス(6) バク転(2) バスケットボール(18) バドミントン(2) バランス(2) バレエ(1) バレーボール(12) パンチ(3) パーソナルトレーニング(1) パーツ(1) ヒルクライム(1) ビジネス(1) ビーチバレーボール(1) ピアノ(1) ピラティス(9) ピリオダイゼーション(3) ピーキング(4) ファンクショナルムーブメント(2) フィギュアスケート(5) フィジカル(1) フィットネス(6) フィットネスクラブ(1) フェルデンクライス(2) フェルデンクライスメソッド(2) フットサル(3) フットボール(1) フランス(1) フリーダイビング(1) ブックレビュー(1) ブラック企業(1) ブーム(1) プライオメトリクス(2) プライオメトリック(1) プレッシャー(1) プロ(1) プログラムデザイン(1) プログラム作成(2) プロレス(4) プロ野球(3) ヘディング(1) ベアフット(1) ボクシング(4) ボディポテンシャル(1) ボディーワーク(3) ボブスレー(2) ボート(1) マインドフルネス(1) マスターズ(2) マッサージ(7) マッスルエナジーテクニック(1) マネジメント(12) マラソン(23) マンガ(1) ミステリ(1) ミトコンドリア(1) ミーティング(1) ミーム(1) ムエタイ(2) メジャーリーグ(2) メタボ(1) メタボリックシンドローム(1) メディア(2) メディカルチェック(1) メディカルフィットネス(1) メンタル(27) メンタルトレーニング(7) モチベーション(3) モビライゼーション(1) ヨガ(7) ライフサイエンス(1) ライフスキル(1) ラグビー(25) ラジオテキスト(1) ランナー(1) ランニング(26) ランニング障害(2) リカバリー(1) リスク(4) リズム感(1) リテラシー(1) リハビリテーション(19) リハビリテーション 失敗学(1) リレー(1) リーダー(1) リーダーシップ(2) レクリエーション(1) レシピ(2) レジリエンス(1) レスリング(2) ロコモ(1) ロコモティブシンドローム(2) ロシア(1) ロボット(1) ロルフィング(1) ロードレース(1) ワクチン(1) 一流選手(1) 一般教養(1) 上達(1) 不調(1) 中国(1) 中高年(3) 中高齢(1) 乳酸(9) 予防(2) 事典(1) 二軸動作(1) 五十肩(1) 五感(1) 五輪(2) 交渉(1) 人物伝(1) 人生(7) 人種(2) 人類史(1) 介護(1) 介護予防(4) 仕事(2) 代替医療(1) 代理人(1) 代謝(1) 企画(1) 休養(1) 伝統(1) 伝統医療(1) 体ほぐし(1) 体力(6) 体力評価(1) 体幹(9) 体操(8) 体温(1) 体育(5) 体育会(1) 体重(1) 体重管理(1) 体験(2) 保存療法(1) 俳句(1) 倫理(5) 倫理学(2) 健康(23) 健康心理学(1) 健康法(1) 健康科学(3) 健康管理(1) 偵察(1) 傷害(2) 傷害予防(4) 傷害調査(1) 働き方(1) 働く(2) 免疫(3) 入門(20) 入門書(1) 共創(1) 内科(1) 内科学(1) 冒険(2) 写真(2) 写真集(2) 分子(1) 分子生物学(2) 分析(3) 制御(1) 前十字靭帯(1) 剣術(1) 力学(1) 加圧トレーニング(2) 加齢(4) 努力(1) 動き(2) 動きづくり(3) 動作(6) 動作分析(3) 勝負(3) 医学(3) 医学史(1) 医師教育(1) 医療(9) 医療技術(1) 卓球(2) 古武術(4) 可動域(1) 吹奏楽(1) 呼吸(7) 哲学(5) 四股(3) 回復(1) 図表(1) 地域(1) 地域スポーツ(1) 地域医療(2) 坐る(1) 基本的動作(1) 報道(1) (1) 変形性股関節症(1) 変形性膝関節症(2) 外傷(4) 大学(1) 大学スポーツ(1) 大腰筋(1) 天気(1) 太極拳(2) 失敗(1) 女子サッカー(1) 女性(12) 女性アスリート(3) 好奇心(2) 姿勢(12) 婦人科(1) 子ども(20) 子育て(3) 学び(2) 宇宙飛行士(1) 安全(2) 実況(1) 実験(1) 宮本武蔵(1) (2) 対談(2) 将棋(3) 少子化(1) 少子高齢社会(1) 履物(1) 平泳ぎ(1) 建築(1) 弓道(1) 引退(1) 形態(1) 徒手検査(1) 徒手療法(4) 微量元素(1) (1) 心拍数(2) 心理(4) 心理学(4) 心理療法(1) 心疾患(1) 心臓振盪(1) 応急処置(1) 応援(2) 患者(1) 悩み(1) 情報(2) 情報戦略(1) 感受性(1) 感覚(5) 慢性疲労症候群(1) 慶応義塾大学(1) 成人病(1) 成長(4) 戦略(2) 戦術(5) 手技治療(1) 手術法(1) 才能(1) 批評(1) 技術(5) 技術史(1) 投手(1) 投球(4) 投資(1) 持久力(1) 指回し(1) 指導(36) 指導者(1) 挑戦(1) 捕手(1) 授業資料(2) 損害賠償(1) 摂食障害(2) 操体(1) 救急処置(2) 救急救命(2) 教本(1) 教科書(4) 教育(20) 教養(4) 数学(2) 整体(1) 整形外科(1) 文化(5) 文化人類学(3) 文化史(1) 料理(3) 新体操(2) 日本(1) 日本人(2) 日本文化(1) 日誌(1) 時計(1) 時間(1) 暮らし(1) 暴力(2) 書籍紹介(1) 有酸素運動(1) 未病の治(1) 東洋の魔女(1) 東洋医学(4) 柔軟性(2) 柔道(1) 栄養(6) 栄養学(2) 格闘技(11) 横隔膜(1) 機能解剖(3) 機能解剖学(4) 機能障害(1) 武士道(1) 武術(4) 武道(10) 歩き方(1) 歩行(5) 歴史(5) 死生観(2) 比較文化(1) 気候(1) 気象(1) 気象病(1) (1) 水中運動(7) 水分補給(2) 水泳(22) 水泳療法(1) 江戸(1) 決断(1) 治療(5) 治療院(1) 法医学(1) 法律(2) 法教育(1) 海外(1) 海外情報(1) 減量(1) 温泉(1) 測定(6) 湯治(1) 滞在記(1) 漕艇(2) 漢方(1) 漫画(2) 熱中症(2) 物理学(1) 物語(1) 献立(4) 現象学(3) 理学療法(4) 理学診断(1) 理解(2) 環境(1) 環境要因(1) 生と死(1) 生化学(3) 生命(4) 生命科学(3) 生活(1) 生活習慣(1) 生活習慣病(4) 生涯スポーツ(1) 生物学(3) 生理学(13) 用具(1) 用語(1) 画像診断(1) 留学(3) 疲労(4) 疲労回復(1) 疾病予防(1) 病気(1) 痛み(5) 発育発達(9) 発達(1) 登山(3) 白書(1) 皮膚(5) 盗塁(1) 監督(7) 目標達成(1) 相撲(6) (3) 着衣泳(1) 睡眠(2) 知覚(1) 知識(3) 短距離(1) 研究(3) 社会学(1) 神戸(1) 神経(1) 神経科学(1) 科学(8) 科学者(2) 空手(3) 立ち方(2) 競技別(3) 競走馬(1) 競輪(2) 競馬(1) (11) 筋の生理学(1) 筋力検査(1) 筋肉(2) 筋膜(2) 筋膜リリース(2) 筋電図(1) 箱根駅伝(1) 精子(1) 精神科(1) 素潜り(1) 細胞(1) 組織(9) 組織論(2) 経営(4) 経済(4) 経絡(1) 経絡テスト(1) 統合医療(1) 統計(2) 総合型スポーツクラブ(1) 練習(2) 美しさ(1) 老年学(1) 職人(1) 股関節(1) (3) 肩こり(1) 肩甲骨(1) 肩痛(1) 肩関節脱臼(1) 育て方(1) 育成(5) (1) 脂肪(1) (12) 脳卒中(1) 脳振盪(1) 脳科学(2) 脳震盪(2) 腰割り(1) 腰痛(12) (1) 腹筋(1) (6) 膝痛(1) 自伝(4) 自転車(9) 自重(2) 自重トレーニング(1) 舞踊(3) 舞踏(2) 芸能(1) 英国(1) 英語(2) 草野球(2) (1) 血圧(3) 行動変容(2) 裏方(2) 複雑系(1) 解剖(16) 解剖学(11) 言葉(6) 言語(1) 計時(2) 計画(1) 記憶(1) 記録(2) 評価(7) (1) 認知(1) 語感(1) 調査報告(1) 調査研究(1) 貧困(1) 貧血(1) 資料集(1) 質問(1) 走り(1) 走り方(9) (1) 足ツボ(1) 跳躍(1) 身体(29) 身体感覚(4) 身体知(1) 身体論(1) 身体障害者(1) 身体養生(1) 軍隊式フィットネス(1) 転倒予防(9) 近代(1) 退化(1) 速歩(1) 進化(7) 遊び(4) 運動(16) 運動処方(15) 運動器(1) 運動器検診(1) 運動学(1) 運動指導(14) 運動生理学(4) 運動療法(2) 運動科学(2) 運動能力(1) 運動負荷試験(1) (1) 選手育成(2) 遺伝子(9) 部位別(1) 部活(1) 部活動(3) 野球(68) (1) 鍼灸(5) 長寿(1) 長距離(1) 開発(3) (1) 関節(1) 関節可動域(2) 関節痛(1) 闘病(2) 限界(1) 陸上(6) 陸上競技(13) 隊長(1) 障害(2) 障害予防(1) 障害者(3) 隠居(2) 集中力(1) 雑誌(1) (1) 韓国(1) 音楽(2) 飛び込み(1) (6) 食事(21) 養生(2) 駅伝(5) 騎手(1) (3) 骨盤(3) 骨盤おこし(1) 骨盤矯正(1) 骨粗鬆症(1) 高所トレーニング(1) 高校生(1) 高校野球(1) 高血圧(1) 高齢者(14) 鼠径部(1)

著者
Mel Boring American Medical Association C.B. Mordan 島沢 優子Adrian WealeAlan GoldbergAndrew BielAviva L.E. Smith UenoBernd FalkenbergBoris I.PrilutskyBrad Alan LewisCarl PetersenCarole B. LewisCarole B.LewisCaroline Corning CreagerChad StarkeyChampagne,DelightCharland,JeffChartrand,JudyChris JarmeyClive BrewerDaniel LewindonDanish,StevenDavid A. WinterDavid EpsteinDavid GrandDavid JoyceDavies,George J.Digby, MarenaDonald A. ChuDonald T KirkendallEddie JonesElizabeth Best-MartiniEllenbecker,Todd S.G. Gregory HaffG.D.ReinholtzGray CookGregory D. MyerH・ミンツバーグIñigo MujikaJ.G.P.WilliamsJ.W.SchraderJacqui Greene HaasJari YlinenJeanne Marie LaskasJeff CharlandJeff RyanJonathan PrinceJ・ウィルモアKahleKarim KhanKarin WiebenKim A. Botenhagen-DiGenovaKim A.Botenhagen-DiGenovaL.P.マトヴェーエフLawrence M.ElsonLeon ChaitowLeonhardtLeslie DendyM.J.SmahaMarilyn MoffatMark VerstegenMattyMcAtee,Robert E.Megan HineMichael J. AlterMurphy,ShaneM・ポラックNational Strength and Conditioning AssociationNina NittingerP.V.カルポビッチPete WilliamsPeter BruknerPeter WoodPetitpas,Al.PlatzerR.J.CareyR.N.シンガーRainer MartensRein TideiksaarRene CaillietRichard BrennanRichard GoldRobert E. McAteeRobert MoorRobert S.BehnkeRuben J. GuzmanS.T.FleckSAGE ROUNTREESandy FritzSharon MoalemShephard,Roy J.Soccer clinicSports Graphic NumberS・フォックスTerease, AmandaThomas W. MyersThor GotaasTil LuchauTrevor WestonTudor O. BompaVladimir M. ZatsiorskyW.E.シニングW.J.KraemerWynn Kapit「運動器の10年」日本委員会けいはんな社会的知能発生学研究会ふくい かなめまつばら けいみづき 水脈わたなべ ゆうこアタナシアス テルジスアタナシアス・テルジスアダム フィリッピーアテーナプロジェクトアメリカスポーツ医学会アメリカスポーツ医学協会アメリカ医師会アンゲリカ・シュテフェリング エルマー・T・ポイカー ヨルグ・ケストナーアンドリュー ブレイクアンドリュー・ゴードンアンドリュー・ゾッリアンドリュー・ビエルアンバート・トッシーアン・マリー・ヒーリーウイリアム ウェザリーウサイン・ボルトウドー アルブルエドワード・フォックスエバレット アーバーグエリザベス ノートン ラズリーカイ・リープヘンカレン・クリッピンジャーカーチ・キライカール・マクガウンキャロリン・S・スミスキャロル・A.オ-チスクラフト・エヴィング商會クリス カーマイケルクリス ジャ-メイケイトリン・リンチケニー マクゴニガルケネス・H・クーパーケン ボブサクストンゲルハルト レビンサイモン・ウィクラーサカイクサンキュータツオサンドラ・K・アンダーソンシェリル・ベルクマン・ドゥルーシルヴィア ラックマンジェア・イエイツジェイ マイクスジェイソン・R・カープジェイムズ・カージェフ・マリージェリー・リンチジェームス・M・フォックスジェームス・T・アラダイスジェームズ アマディオジェームズ・アマディオジェーン・ジョンソンジェ-ン・パタ-ソンジム・E. レーヤージョセフ・H・ピラティスジョン・フィルビンジル・ボルト・テイラースタジオタッククリエイティブスティーヴン・ストロガッツステファン・メルモンスポーツGEARスポーツインキュベーションシステムスポーツセーフティジャパンスポーツ医・科学研究所スポ-ツ医科学研究所タカ 大丸ダイヤグラム・グループダニエル・ジェイムズ・ブラウンチャモアペット・ハーパランチャーリー・ローティナ・シ-リグテューダー・ボンパデイヴィッド シールズデイヴィッド・シールズデータスタジアムトム・シーバートル・ゴタストレーニング科学研究会トーマス・W. マイヤーストーマス・タッコドナルド T. カーケンドールナイキ・ジャパンハンス-ウルリッヒ・ヘッカーバイロン・シューマンバド・ウィンターパトリシア・M・ホランドヒュー・ディールハンティービヨン・ボルグビル・ライトビート たけしフィリッピー・アダムフィル・ジャクソンフランク・ショーターフランク・ショーター フルコムフル・コムフレデリック ドラヴィエフレデリック・ドラヴィエブライアン コールブルース マキューアンブレット コントレラスブレット・コントレラスベースボール・マガジン社ボブ・アンダーソンマイケル グンディルマイケル・グンディルマット リドレーマリオ 宮川マーティー 松本メアリー・ボンドラエル・イサコウィッツランス アームストロングランナーズ女性ランニングセンターランナーズ編集部リチャード ブレナンリチャード・ブレナンリック・マクガイアリンダ・グラットンルーカ カイオーリレイナー・マートンレイン ティディクサーレッシュ・プロジェクトロバート ムーアロブ パナリエッロヴォルフラム・リントナーヴォルフラム・リントナー七木田 文彦七類 誠一郎三ツ井 慈之三上 太三井 恵津子三井 悦子三好 春樹三宅 満三宅 義信三木 英之三栖 英揮三浦 孝仁三浦 於菟三浦 武三浦 知良三浦 雄一郎三澤 威士三田 佐代子三砂 ちづる上原 善広上田 亮三郎上田 完次上田 昭夫上田 滋夢上田 由紀子上田 雅夫下光 輝一下山 真二下嶽 進一郎下川原 孝下田 哲郎中丸 宏二中山 和義中島 敏明中嶋 寛之中川 忠典中本 哲中村 伸一中村 俊輔中村 千秋中村 多仁子中村 大輔中村 尚人中村 憲剛中村 明中村 桂子中村 泰介中村 清中村 考宏中村 計中村 隆一中澤 公孝中澤 篤史中田 亨中田 基昭中田 潤中田 英雄中竹 竜二中西 光雄中谷 敏昭中里 伸也中里 浩一中里 浩章中野 秀男中野 薫丸山 仁司丸山 彰貞丹波 滋郎丹羽 政善丹羽 滋郎主婦の友社久世 由美子久保 啓太郎久保 明久保 隆司久保田 博南久保田 競久木留 毅久野 譜也乗安 整而乗松 尋道乾 眞寛亀田 圭一二重作 拓也五明 みさ子五木 寛之井上 俊井上 光成井上 和子井上 明生井上 正康井上 眞一井村 雅代井澤 鉄也今中 大介今井 純子今村 俊明今福 龍太今野 泰幸伊勢 華子伊村 雅央伊東 浩司伊藤 マモル伊藤 俊一伊藤 和憲伊藤 和磨伊藤 晴夫伊藤 正治伊藤 毅志伊藤 滋之伊藤 隆造伊藤 静夫伊賀 六一伊賀 泰代伊賀 英樹伊達 公子伏木 亨佐々木 正人佐保 豊佐倉 統佐倉 美穂佐山 和夫佐嶋 健司佐竹 弘靖佐良土 茂樹佐良土 賢樹佐藤 久美子佐藤 俊輔佐藤 信夫佐藤 多佳子佐藤 大吾佐藤 成登志佐藤 拓矢佐藤 揵佐藤 政大佐藤 次郎佐藤 祐造佐藤 純朗佐藤 義昭佐藤 雅弘佐藤次郎佐野 克郎余暇開発センター保江 邦夫倉恒 弘彦倉持 梨恵子倉持 梨惠子傳田 光洋元・一ノ矢元川 悦子元永 知宏児玉 光雄児玉 雄二児玉 龍彦入澤 充八ッ橋 賀子八坂 里子八田 秀雄兵頭 明内尾 祐司内澤 旬子内田 智美内田 樹内田 直内田 真弘内藤 寛冨永 星出村 愼一出町 一郎別府 諸兄前島 徹前橋 明前田 寛前田 新生創部線の会加古 里子加納 朋子加藤 久加藤 仁加藤 健志加藤 忠史加藤 晴康加藤 清忠加藤 満加藤 直克加藤 秀俊加藤 賢二加賀美 雅弘加賀谷 善教加賀谷 淳子勝亦 紘一勝原 竜太勝部 篤美北 健一郎北川 薫医道の日本社編集部千住 秀明千野 エー南 壮一郎南 秀史郎原 晋原 礼之助原田 晃原田 知子友岡 和彦友末 亮三古家 政吉古屋 武範古川 聡古橋 廣之進古田 敦也古田 裕子古畑 公古谷 一郎史野 根生吉井 妙子吉岡 伸輔吉本 佳生吉村 仁吉村 豊吉松 俊一吉田 哲郎吉田 始史吉田 早織吉田 昌弘吉田 清司吉眞 孝司吉福 康郎吉見 正美吉谷 佳代吉野 剛名越 茂彦向野 義人吹田 真士和久 貴洋和田 洋明咲花 正弥善家 賢団 野村国士舘大学体育・スポーツ科学学会国府 秀紀國森 康弘土井 龍雄土屋 幸一郎土屋 敏男坂上 康博坂井 利彰坂井 建雄坂元美子坂手 誠治坂本 静男坂村 健坂西 英夫坂詰 真二坪田 信義堀切 和雄堀切 和雅堀居 昭堀越 正巳堀野 博幸堂場 瞬一堤 未果塚田 裕三塩之入 洋塩田 琴美増子 佳世増田 明美増田 美香子増田 雄一外岡 立人多田 富雄多田 道太郎夜久 弘大久保 岩男大久保 衞大保木 輝雄大倉 徹也大元 よしき大利 実大原 健士郎大友 信彦大友信彦大坪 正則大坪 英臣大塚 一樹大塚 潔大峰 光博大川 孝浩大川 恒大川 達也大日方 昴大木 正彦大村 淳志大束 忠司大森 俊夫大森 義彦大槻 一博大槻 利夫大澤 真大熊 敦子大畑 大介大築 立志大西 史晃大西 祥平大見 頼一大谷 素明大貫 崇大野 慶人大野 秀樹大野 篤史大阪市障害更生文化協会天児 牛大太田 千尋太田 成男太田 次郎太田 美穂太藻 ゆみこ奥川 洋二奥田 碩子どものからだと心・連絡会議宇城 憲治宇津木 妙子安保 徹安光 達雄安冨 歩安家 達也安松 幹展安田 昌玄安田 登安田 矩明安藤 創一安藤 誉安藤 豪章安藤 邦彦安部 孝宮下 充正宮下 智宮下 桂治宮下充正宮崎 俊哉宮崎 尚子宮崎 義憲宮崎 隆司宮川 哲夫宮本 俊和宮本 恒靖宮本 恵理子宮本 祐介宮本 美沙子宮本 義己宮村 淳宮部 保範宮里 藍寒川 恒夫寺平 義和寺本 寧則寺田 佳代寺門塾門下生小倉 孝一小倉 孝誠小坂 由佳小室 史恵小宮 良之小山 裕史小山 貴之小山 郁小山内 博小島 勝典小島 太小島 正義小嵐 正治小川 佳宏小川 良樹小松 成美小松 秀樹小松 美冬小林 信也小林 平八小林 拓矢小林 直行小林 篤史小林 義雄小柳 好生小柳 磨毅小栗 達也小森 貞子小池 弘人小清水 孝子小澤 一郎小田 伸午小菅 達男小西 浩文小谷 さおり小谷 究小野 三嗣小野 俊哉小野 平小野寺 孝小野寺 孝一小錦 八十吉小関 潤子尾下 正伸尾崎 隼朗尾張 正博尾縣 貢尾陰 由美子山下 なぎさ山下 敏彦山下 柚実山下 泰裕山下 貴士山中 伸弥山中 毅山内 弘喜山内 潤一郎山口 光國山口 典孝山口 和幸山口 拓朗山口 政信山口 文子山口 香山地 啓司山崎 先也山崎 敦山本 ケイイチ山本 利春山本 博山本 昌山本 明山本 浩山本 澄子山本 益博山本 美香山本 邦子山次 俊介山田 ゆかり山田 保山田 和彦山田 昌彦山田 英司山田 茂山田 重雄山西 哲郎山谷 拓志岡内 優明岡崎 敏岡本 孝信岡本 香織岡村 博貴岡橋 優子岡田 圭子岡田 武史岡田 純一岡田 隆岡部 幸雄岡部 正岡野 五郎岡野 宏量岩崎 夏海岩崎 晋也岩崎 由純岩本 輝雄岩渕 健輔岩田 健太郎岩田 卓士岸本 健岸田 明子峠野 哲郎島田 一志島田 永和崔 仁和嵯峨野 功一嶋井 和世川初 清典川又 政治川口 和久川島 敏生川島 浩平川島 英博川本 竜史川村 卓川津 英夫川田 茂雄川端 理香川西 正志川谷 茂樹川野 哲英工藤 公康工藤 隆一左 明市川 宣恭市川 忍市川 繁之市村 操一布施 務帯津 良一常足研究会干場 拓真平 直行平井 伯昌平井 博史平尾 剛平尾 誠二平山 譲平山 讓平山令明平島 雅也平沼 憲治平澤 元章平田 竹男平野 幸伸平野 淳平野 裕一平野 誠一広瀬 一郎広瀬 浩二郎広瀬 統一広田 公一廣戸 総一廣戸 聡一廣瀬 俊朗建内 宏重弘田 雄士彦井 浩孝影山 徹征矢 英昭後藤 俊一後藤 修司後藤 勝正後藤 新弥後藤 正治徳永 幹雄志々田 文明志村 幸雄快適スイミング研究会恒川 正志愛知医科大学運動療育センター戸塚 啓戸田 裕之手塚 一志手束 仁折山 淑美政二 慶文部科学省斉藤 明義斉藤 健仁斉藤 宏斉藤 隆央斎藤 孝斎藤 恵斎藤 昭彦新 雅史新井 節男新田 收新開 省二新関 真人方波見 康雄日向 やよい日向 涼子日暮 清日本FMT腰痛治療協会日本アロービックダンシング日本ウエルネス日本エアロビックフィットネス協会日本コーディネーショントレーニング協会日本サプリメント協会日本スタビライゼーション協会日本スポーツビジョン協会日本トレーニング指導者協会日本トレーニング科学会日本バイオメカニクス学会日本バレーボール学会日本ピラティス研究会日本フットサル連盟日本ボディポテンシャル協会日本リハビリテーション医学会障害者の体力評価ガイドライン策定委員会日本体力医学会体力科学編集委員会日本体育協会日本体育大学学友会運動部日本体育学会日本健康スポーツ連盟日本水泳連盟シンクロナイズド・スイミング委員会、科学技術委員会日比野 恭三日経サイエンス日野原 重明日高 敏隆早稲田大学スポーツ科学学術院早稲田大学スポーツ科学部早稲田大学競技スポーツセンター星 恵子星川 佳広星川 吉光春山 文子春木 豊曽我 武史月刊トレーニング・ジャーナル編集部月刊陸上競技有吉 与志恵有吉 正博有賀 誠司望月 浩一郎望月 理恵子朝倉 全紀朝倉 宏景朝原 宣治朝日山 一男朝日新聞be編集部朝比奈 一男木場 克己木村 修一木村 元彦木村 康一本多 奈美本山 貢本庄 俊和本條 晴一郎本橋 恵美本田 宗一郎杉原 輝雄杉山 ちなみ杉山 茂樹杉岡 洋一杉本 龍勇杉浦 保夫杉浦 克己杉野 昭博村上 成道村山 孚村岡 功村川 平治村松 尚登村田 伸束原 文郎杤堀 申二東京大学教養学部体育研究室東京大学身体運動科学研究室東出 顕子東根 明人東海林 祐子松上 京子松下 松雄松下 祥子松井 秀喜松井 秀治松井 薫松原 仁松原 渓松原 貴子松山 博明松岡 修造松崎 康弘松本 美由季松本 義光松村 憲松村 道一松樹 剛史松永 多佳倫松永 成立松浦 亜紀子松瀬 学松田 丈志松田 博公松田 岩男松田 忠徳松谷 之義板場 英行林 光俊林 泰史林 盈六枝川 宏枝窪 俊夫柏井 正樹柏口 新二柏木 惠子柘植 陽一郎柳 敏晴柳原 大柳田 貴志柳谷 登志雄柴 孝也柴田 博柿木 克之栄 陽子栗山 節郎栗本 閲夫栗田 昌裕栢野 忠夫栢野 由紀子根本 悟子根本 真吾桑島 巌桑田 真澄桜井 弘桜井 智野風桜井 静香桜内 篤子桝本 妙子桧野 真奈美梅原 伸宏梅村 清弘梅田 陽子梨田 昌孝梶山 あゆみ梶岡 多恵子森 俊憲森 健躬森 彰英森 拓郎森 祗晶森 義明森内 薫森岡 周森岡 恭彦森岡 望森川 靖森本 貴義森永スポーツ&フィットネスリサーチセンター森田 浩之森田 淳悟森田 真生森田 雄三森谷 敏夫森部 昌広椎名 亜希子楡井 浩一榊 佳之榊原 洋一榊原 章浩樋口 満樋口 貴広権藤 博横山 格郎横江 清司橋川 硬児橋本 克彦橋本 毅彦橋本 純一橋本 維知子橋本 辰幸櫻井 淳子正高 信男武村 政春武田 建武田 淳也武藤 芳照武見 太郎殖田 友子比企 啓之比嘉 一雄氏原 英明氏家 幹人水と健康医学研究会水上 由紀水島 広子水村(久埜) 真由美水村(久埜)真由美水谷 豊水野 忠和永井 洋一永井 淳永井 良治永友 憲治永島 正紀永島 計永沢 光雄永田 和宏永田 宏永田 洋光永野 康治江原 義弘江川 玟成池上 信三池上 千寿子池上 彰池上 悟朗池上 正池上 達也池井戸 潤池内 敏彦池本 克之池村 千池村 千秋池澤 智池田 浩明池田並子池端 裕子沖田 実沖縄タイムス「長寿」取材班沢井 史河内 敏光河合 学河合 宏介河森 直紀河田 剛河端 隆志河西 理恵河野 圭子沼澤 秀雄泉 秀幸波多野 義郎浅井 武浅沢 英浅見 俊雄浜 六郎浜田 昭八浮ヶ谷 幸代海保 博之海老 久美子深井 一三深代 千之深田 和範清宮 克幸清水 宏保清水 邦明清水 隆一渋谷 良一渡曾 公治渡會 公治渡辺 なおみ渡辺 俊男渡辺 勘郎渡辺 啓太渡辺 康幸渡辺 恭良渡辺 英次渡辺 謙渡邊 一久渡部 和彦渡部 賢一渥美 一弥渥美 和彦湊谷 秀文湯浅 健二湯浅 景元溝口 秀雪滝沢 丈澤井 和彦澤木 一貴澤田 勝瀬古 利彦瀬名 秀明瀬戸山 正二為末 大熊崎 敬熊谷 晋一郎熊谷 美由希片岡 幸雄牛島 詳力牛込 惟浩牧野 仁犬塚 則久玉川大学教育学部玉木 正之玉森 正人玉置 悟王 貞治琉子 友男生山 匡生島 淳生江 有二田上 幹樹田中 まゆみ田中 ウルヴェ 京田中 代志美田中 信弥田中 光田中 勝田中 宏暁田中 尚喜田中 滋田中 美吏田中 聡田中ウルヴェ 京田口 ランディ田口 俊樹田口 貞善田尻 賢誉田尾 雅夫田崎 健太田嶋 幸三田澤 俊明田畑 あや子田辺 規充甲野 善紀畑中 正一畑村 洋太郎白井 尚之白井 裕之白戸 太朗白星 伸一白木 仁目崎 登相澤 勝治相澤 純也眞野 行生真田 樹義真野 行生矢崎 良一矢沢 潔矢田部 英正矢部 京之助矢野 勝彦矢野 啓介矢野 成敏矢野 真千子矢野 龍彦石井 信石井 千恵石井 千惠石井 好二郎石井 宏樹石井 慎一郎石井 直方石井 紀夫石井 裕之石原 新菜石原 昭彦石垣 尚男石塚 利光石川 三知石川 旦石橋 健司石橋 秀幸石毛 勇介石河 利寛石田 良恵石黒 謙吾砂川 憲彦礒 繁雄神原 謙悟神崎 朗子神崎 貴子神﨑 素樹福 典之福井 勉福岡 伸一福岡 孝純福本 健一福林 徹福永 哲夫福永 篤志福永 茂福田 崇福辻 鋭記禰屋 光秋山 エリカ秋本 毅秋田 豊種子田 穣稲垣 正浩稲葉 俊郎窪田 登立川 昭二立花 龍司竹中 晃二竹内 久美子竹内 京子竹内 伸也竹内 健二竹内 敏康竹内 敏晴竹内 薫竹尾 吉枝竹村 文近竹田 直矢笈田 欣治笠原 政志第一東京弁護士会 総合法律研究所 スポーツ法研究部会筒井 廣明篠原一郎篠宮 龍三篠村 朋樹簱智 健籏智 健米山 公啓籾山 日出樹籾山 隆裕粂野 豊細野 史晃織田 一朗織田 幹雄織田 淳太郎美馬達哉羽生 善治能瀬 さやか臨床スポーツ医学編集委員会臼井 永男舘野 之男芝崎 美幸花原 勉花戸 貴司若原 正己若山 章信若林 理砂茂木 健一郎范 永輝茨木 保荒井 貞光荒川 裕志荒川 静香荒木 昭好荒木 香織荻村 伊智朗菅原 哲朗菅原 裕子菅原 誠菅原 賢菅谷 啓之菅野 淳菊 幸一菊地 真也菊池 雄星萩原 清文萩島 英男萱沼 文子落合 博満葛西 奈津子蒲田 和芳蔦宗 浩二藤井 利香藤原 勝夫藤島 大藤川 孝満藤本 靖藤田 真樹子藤縄 理藤野 良孝西山 由起西川 千雅西川 右近西村 典子西村 卓二西村 欣也西田 文郎西端西端 泉西薗 秀嗣西谷 修角田 直也角谷 リョウ谷 佳織谷 諭谷上 史朗谷口 源太郎谷口 維紹谷川 啓司谷川 浩司谷本 道哉豊田 一成財団法人日本サッカー協会スポーツ医学委員会賀佐 伸省賀来 正俊赤坂 清和赤星 憲広赤羽根 龍夫越智 淳三越田 専太郎跡見 順子跡部 徹輿水 健治辻 亮辻 秀一辻田 浩志近田 直人近藤 四郎近藤 篤近藤史恵近藤等則遠山 健太遠藤 俊郎遠藤 保仁遠藤 友則遠藤 敦遠藤 秀紀都竹 茂樹鄭 雄一重松 清重野 弘三郎野井 真吾野口 昌良野坂 和則野川 春夫野村 嶬野村 隆宏野村 雅一野沢 巌野田 哲由野矢 久美子野老 稔金 哲彦金子 公宥金子 勇金子 勝金子 明友金子 達仁金本 知憲金栗 四三金田 伸夫金田 喜稔鈴川 仁人鈴木 三央鈴木 俊一鈴木 博美鈴木 宏哉鈴木 岳鈴木 敏和鈴木 正之鈴木 正成鈴木 清和鈴木 秀雄鈴木 章史鈴木 重行鈴森 康一鎌田 哲郎鎌田 安奈鏑木 毅長友 佑都長尾 光城長尾 真長崎 浩長濱 隆史長田 一臣長田 渚左長谷川 伸長谷川 博長谷川 智長谷川 泰三長谷川 洋介長谷川 滋利長谷川 裕長谷部 誠長野 明紀門田 隆将門脇 正法関口 脩関屋 昇阪本 桂造阪長 友仁阿久津 邦男阿部(平石) さゆり阿野 鉱二降旗 学電通総研スポーツ文化研究チーム青山 清英青木 主税青木 啓成青木 治人青木 紀和青木 純一郎青木 高青柳 いづみこ青柳 まちこ青柳 幸利順天堂大学医学部須川 綾子須永 美歌子須田 芳正須藤 明治類家 俊明飯塚 鉄雄飯島 裕一飯田 潔飯田 聡養老 孟司香取 一昭香山 リカ馬越 博久駱 勤方高子 大樹高尾 良英高山 信人高山 修高岡 英夫高岡 裕之高木 徹也高木 應光高林 孝光高柳 富士丸高橋 信二高橋 宣行高橋 惠子高橋 正明高橋 正行高橋 睦子高橋 秀実高橋 豊高橋 雄介高沢 晴夫高瀬 元勝高畑 好秀高草木 薫高遠 裕子高部 雨市髙橋 秀実髙橋 雄介鬼塚 純玲魚住 廣信魚柄 仁之助鱸 伸子鳥居 俊鳥巣 岳彦鳥越 規央鵜尾 泰輔鶴田 彦夫鹿倉 二郎鹿島田 忠史麓 信義黄 秀一黒澤 和生黒澤 尚黒澤 雄太黒田 あゆみ黒田 善雄黒田 貴臣齊藤 太郎齊藤 愼一齊藤 邦秀齋藤 孝齋藤 昭彦

出版社
BABジャパンBookWayCBS・ソニー出版Chapmans PublishersExecutive Physical Therapy IncHIME企画Human KineticsICインテリジェンス・カウンセルJT生命誌研究館KADOKAWAKADOKAWA/角川書店KKベストセラーズMCプレスNHK出版PCYPHP研究所Peachtree Pub LtdSBクリエイティブTBSブリタニカTOKYO FM出版あさ出版あほうせんかもがわ出版ぎょうせいさがみや書店じほうせいうんちとせプレスアイオーエムアスキーアスキー・メディアワークスアスキ-・メディアワ-クスアスペクトアートヴィレッジア-ルビ-ズインプレスコミュニケーションズイースト・プレスイーハトーヴフロンティアエイアンドエフエイデル研究所オーム社カンゼンガイアブックスクラブビジネスジャパンクレオクロスメディア・パブリッシングコムネットサイマル出版会サンマーク出版ザメディアジョンジアース教育新社スキージャーナルスタジオタッククリエイティブソニー企業ソニー企業株式会社アスレチック営業部ソニー企業株式会社アスレティック営業部ソフトバンククリエイティブソル・メディアダイナゲイトダイヤモンド社ディジタルアーカイブズディスカヴァー・トゥエンティワンディレクト・システムナイキ・ジャパンナカニシヤ出版ナップナツメ社ニュートンプレスハートフィールド・アソシエイツバジリコバレーボールアンリミテッドヒューマンワールドフォレスト出版フレグランスジャーナル社ブックハウス・エイチディプレジデント社ベストセラーズベースボールマガジン社ベースボール・マガジン社ベ-スボ-ル・マガジン社ポニーキャニオンポプラ社マイナビマガジンハウスマキノ出版ミシマ社ミネルヴァ書房メイツ出版メヂカルフレンド社メディアファクトリーメディアート出版メディカル出版メディカル・サイエンス・インターナショナルメディカ出版モダン出版ラウンドフラットランナーズリバネス出版ワックワニブックスワニ・ブックスヴォイス三一書房三修社三笠書房三輪書店不昧堂世界思想社中央公論新社中央労働災害防止協会中央法規出版中山書店丸善丸善出版主婦と生活社主婦の友主婦の友社九州神陵文庫二見書房人間と歴史社体育とスポーツ出版社保育社健康ジャーナル社光文社全国書籍出版全日本病院出版会六甲出版共同通信社共栄出版内外出版社創元社創文企画創美社化学同人北海道大学出版会北海道新聞社北溟社医学映像教育センター医学書院医歯薬出版医薬ジャ-ナル社医道の日本社千曲秀版社南江堂厚有出版双葉社叢文社同文書院同文舘出版同文館出版哲学書房国士舘大学体育・スポーツ科学学会土屋書店地湧社培風館大修館書店大和書房大学教育出版大月書店大泉書店大阪市身体障害者スポーツセンター奥村印刷学生社学研パブリッシング学習研究社宝島社実業之日本社家の光協会富士書院専修大学出版局小学館山海堂岩波書店市村出版平凡社幻冬舎幻冬舎ルネッサンス広済堂出版廣川書店廣済堂出版徳間書店恒文社成美堂出版扶桑社放送大学教育振興会文光堂文化書房博文社文學の森文理閣文芸社文藝春秋新星出版社新曜社新潮社新興医学出版社日刊スポーツ出版社日本YMCA同盟出版部日本ウエルネス協会日本エディターズスクール出版部日本バイオメカニクス学会日本プランニングシステム日本医事新報社日本学術協力財団日本実業出版社日本工業新聞社日本放送出版協会日本文化出版日本文芸社日本経済新聞出版社日本経済新聞社日本評論社日東書院日経BP社早川書房早稲田大学出版部明和出版明治書院星和書店春秋社春風社昭和堂昭文社時事通信時事通信社晃洋書房晋遊舎晶文社暮しの手帖社有峰書店新社朝倉書店朝日ソノラマ朝日出版社朝日新聞出版朝日新聞社木楽舎未知谷杏林書院東京さくら印刷出版部東京大学出版会東京新聞出版局東京新聞出版部東京電機大学出版局東北大学出版会東洋経済新報社東洋館出版社東邦出版枻出版社森永製菓健康事業部武田ランダムハウスジャパン毎日コミュニケーションズ毎日新聞社永岡書店池田書店河出書房新社法研泰文堂洋泉社源草社滋慶出版潮出版社玉川大学出版部現代書林現代書館生活書院産学社白夜書房相模書房碧天舎神戸新聞総合出版センター祥伝社秀和システム竹書房筑摩書房築地書館紀伊国屋書店紀伊國屋書店総合法令績文堂出版自由国民社花伝社草土文化草思社藤原書店西日本出版社西日本法規出版西村書店西東社角川SSコミュニケーションズ角川マガジンズ角川学芸出版角川書店診断と治療社評論社誠文堂新光社読売新聞社講談社講談社インターナショナル講談社サイエンティフィク農山漁村文化協会遊戯社郁朋社金原出版金港堂出版部鉄筆鎌倉書房長崎出版阪急コミュニケーションズ陸上競技社集英社集英社インターナショナル雲母書房青土社青弓社青春出版社風雲舎飛鳥新社高橋書店黎明書房BABジャパンSBクリエイティブ

書評者
三嶽 大輔(9)
三橋 智広(48)
上村 聡(4)
中地 圭太(14)
久保田 和稔(8)
久米 秀作(29)
今中 祐子(5)
伊藤 謙治(14)
佐々木 愛(4)
加藤 亜梨紗(1)
勝原 竜太(1)
北村 美夏(1)
南川 哲人(10)
吉田 康行(1)
坂口 丈史(2)
塩多 雅矢(2)
大内 春奈(1)
大塚 健吾(9)
大槻 清馨(12)
大洞 裕和(22)
太田 徹(1)
安本 啓剛(17)
安澤 佳樹(4)
宮崎 喬平(12)
尾原 陽介(28)
山下 大地(3)
山村 聡(6)
山根 太治(57)
山際 政弘(3)
岡田 真理(1)
島原 隼人(1)
川浪 洋平(15)
平山 美由紀(9)
平松 勇輝(5)
弘田 雄士(4)
戸谷 舞(3)
打谷 昌紀(2)
曽我 啓史(1)
月刊スポーツメディスン編集部(49)
月刊トレーニング・ジャーナル(1)
月刊トレーニング・ジャーナル編集部(452)
服部 哲也(9)
服部 紗都子(11)
村田 祐樹(4)
松本 圭祐(3)
板井 美浩(32)
梅澤 恵利子(1)
森下 茂(23)
椙村 蓮理(1)
榎波 亮兵(3)
橋本 紘希(21)
橘 肇(4)
正木 瞳(1)
比佐 仁(1)
水浜 雅浩(8)
水田 陽(6)
永田 将行(6)
池田 健一(5)
河田 大輔(16)
河田 絹一郎(2)
河野 涼子(2)
泉 重樹(3)
浦中 宏典(7)
清家 輝文(71)
清水 歩(6)
清水 美奈(2)
渡邉 秀幹(6)
渡邊 秀幹(1)
澤野 博(32)
濱野 光太(5)
田口 久美子(18)
石郷岡 真巳(8)
磯谷 貴之(12)
笠原 遼平(2)
脇坂 浩司(3)
藤井 歩(18)
藤田 のぞみ(4)
西澤 隆(7)
越田 専太郎(2)
辻本 和広(4)
辻田 浩志(55)
酒井 崇宏(1)
金子 大(9)
鈴木 健大(6)
長谷川 大輔(3)
長谷川 智憲(40)
阿部 拓馬(1)
青島 大輔(1)
青木 美帆(1)
鳥居 義史(6)